いま、非常事態宣言で日本は大変な状況ですが、3月末から4月頭にかけて国内旅行をしていました(すでに自宅に戻っていますが)。

棺桶リスト(人生で実現したいものリスト)の中に、「47都道府県をすべて制覇する」というのがあったのですが、今回、ぶじ達成できました。

最後に行ったのは、福井県です。

意外に思われるかもしれないのですが、福井県って意外にいかない県じゃないかなあ・・・と思います。

関東と関西に住んでいたことがありますが、陸路で行くにはどちらからもちょっと不便だし、飛行機に乗って行くにはちょっと近い。
振り返ってみると、関西からはそんなに遠くはなかったんですが、当時はあまりお金なかったし、旅行が好きでもなかったんですよねぇ。
当時は、関西圏で日帰りできるところを散策していた・・・という感じです。

さて、福井県に入ったときは、新型コロナの感染者数はまだ一桁だったんですが、僕が観光している間に、急に増えていきました。
いまや、人口当たりのと都道府県別の感染者数ナンバー1になってしまっています。

人口10万人あたりの感染者 最多は福井県 新型コロナ

さて、実際に行ってみると、のどかでありながら、歴史や文化も豊かで、良い場所でしたよ。

有名な永平寺は、規模も大きくて、素晴らしいお寺でしたねえ。

もう一つの観光地、東尋坊ですが、こちらは想像ほどには雄大ではありませんでした。
こういう風景なら、他にもありそうですね。

上記に加えた、福井の3大名所である福井県立恐竜博物館は、残念ながら臨時休館中でした。
新型コロナだからしょうがないですね・・・

個人的に良かったのは、丸岡城です。

ちょうど桜が満開のシーズンで、地元の人がたくさん来ていました。
逆に、旅行者は少なかったですが・・・

地元の人に愛される名所って良いですね。

一通り、全都道府県は制覇しましたが、まだ行けてない名所がたくさんあるし、今回の旅で、改めて日本の素晴らしさを実感しました。

なので、引き続き、国内旅行を楽しみたいと思っています。
いまは自粛せざるを得ないですが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください