前の投稿で、鳴門の渦潮を見る時期について書きました。
鳴門の渦潮はいつでも見れるとは限らないので、事前に調べよう!!

いつ見るか?

いまでしょ!!(古い!)

というわけには行かないことは、お分かりいただけたかと思います。

今回は、どう見るかについて書きたいと思います。

渦潮は海峡に発生するのですが、沿岸からは見えませんし、無料で見る方法はありません。

厳密に言うと、自分で船を漕ぎ出せば見られるかもしれません。
ただし、海上保安庁に拿捕されたり、潮に呑まれて遭難したりする可能性があるので、オススメはできません。

そんな訳で、公式の観光方法は2つあります。

1.大鳴門橋遊歩道 渦の道を行く
大鳴門橋に有料の遊歩道が設けられています。
そこを海峡まで歩いて観光するというやり方です。
入場料は510円です。
橋や海岸沿いの風景が望めるという点で、渦潮以外の観光もできます。

渦の道1

ただし、高い橋の上から見るので、渦潮は遠く、小さく見えます。
下の写真は望遠で撮影したもの。

渦の道2

ちゃんとした渦は出ていなかったので、渦を巻いているようにも見えなくもない、ただの荒波という感じですが・・・

2.観光船に乗る
船で海峡まで漕ぎ出します。
渦潮をすぐ近くで見ることができます。
その点ではオススメですが、結構揺れるので、船酔いする人は避けるか、対策をしっかりしておくことをお勧めします。

ちょっとややこしいですが、運営している会社が二社あって、乗船場所が異なります。
うずしお汽船
鳴門観光汽船

どちらを利用しても良いとは思いますが、鳴門観光汽船の方は、アクアエディという水中観測船も運行しています。
下記のような感じです。

アクアエディ

ネットで調べていると、こちらの方がお勧めのようだったので、アクアエディを利用することにしました。
小型船で海峡まで行く時間が短いので、所要時間も大型船より短いです。
一方で、大型船よりもお値段は高く、予約が必要です。
僕が行った時は、たまたま空きがあったので、当日いきなりだったけど、乗船させてくれました。

たしかに、こちらの方がデッキも定位置にあるので、大型船よりも間近に渦潮を見ることができます。

鳴門渦潮1

さらに、水中観測船なので、水面下からも渦潮を見れるという貴重な体験ができます。
ただし、水中から眺めても、荒立った潮が見えるだけで、渦が分かる訳ではありませんでした。

そんな訳で、橋の上から見る方法と、観光船に乗ってみる方法の両方を紹介しましたが、渦がちゃんと出ていて、時間も十分にあるなら、両方観光することをオススメします。
時間がない場合は、ちゃんとした渦が出ていない時は「渦の道」の方を、出ている時は観光船に乗るのが良いと思います。

まあ、前回も書きましたけど、ちゃんとした渦潮が見れない可能性も高いので、事前の多大な期待は禁物かと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください