さて、連休も最終日になりました。

福岡に一泊して、近隣を観光して、東京に戻ってまいりました。

LCCが就航し始めてから、福岡を拠点に九州を旅行することが、たまにあります。
行くたびに、福岡っていい場所だなあ・・・と思います。

さて、今回のブログのタイトルは、ネットの記事にありがちですが。
たいてい、「●●個の理由」とか、そういう記事に限って、意外性がなくてあまり面白くないのですが。

まあ、この記事も面白くはないですが、一応書いてみます。

  1. 交通が便利
  2. 比較的都会で色々揃っている
  3. 物価が比較的安い
  4. 地方都市にしては、人々の考え方がオープン
  5. 食べ物がおいしい
  6. 気候がそこそこ良い

1.交通が便利
人口規模も大きいので、地下鉄やバスなどの都市内交通が発展しています。
九州の交通の拠点になっているので、ここから九州各地に行けます。
韓国も近くて、フェリーや飛行機で簡単に行けます。
空港が近いので、各地に行くのも便利だし、LCCが出ていて、東京や大阪にも簡単にいけます。

2.比較的都会で色々揃っている
東京ほどではないですが、だいたい何でもあります。
映画館、美術館、劇場なども、東京や大阪ほどではないですが、そこそこあるので、文化に触れることも可能です。
ちょうど、「ワンピース歌舞伎」や上野でやっていた「始皇帝と大兵馬俑」展が巡回していました。

博多 中洲

3.物価が比較的安い
賃貸住宅の家賃をチェックしてみましたが、東京の6割程度といったところでしょうか?
郊外に行けばもっと安いのかもしれませんが。
佐世保も調べてみたけど、博多とあまり変わらないんですよね。
家賃は、東京が高くて、それ以外の地方大都市がもう一段安くて、限界集落あたりでもう一段安いという感じかな・・・と思います。
地方都市の中では、福岡くらいの規模と、もっと小さい都市では、都市規模ほど家賃に差がない気がします。
家賃以外にも、食べ物も多少安い気はします。
おそらくですが、同じレベルの生活をして、東京の7割くらいの生活費で収まるんじゃないかと思います。

4.地方都市にしては、人々の考え方がオープン
実際に住んでみたわけではないので本当のところはわかりませんが、海外や日本各地から人が集まっているので、比較的人がオープンな気がします。
九州出身の人は、「地元は保守的でイヤだ」という人が多いですが、福岡はちょっと違う気がします。
全国的に成功している芸能人やアーチストを輩出しているのも、開放的な風土が関係しているのかな・・・と思います。

5.食べ物がおいしい
これも有名ですが。魚介類やら麺類やら、食文化が充実してます。
今回は「信秀本店」焼き鳥を食べましたが、お値段も東京より安くて、素材も新鮮でおいしかったですね。

信秀本店

6.気候がそこそこ良い
九州なので、冬はそこそこ暖かいし、雪も降らない(多分)。
夏も意外に暑くはない様子。

あと、番外編ですが。

・女性が美人(?)
「博多美人」とかいいますが、たしかに、美人は多い感じがしましたね。
そこそこ都会なので、化粧やファッションが洗練されているからそう思うというのもあるかもしれませんが。

・風俗が充実している(笑)
僕は行かないので関係ありませんけどね(!?)
まあ、エロい人はお金使いすぎて良くないかもしれませんが(笑)

ありきたりの考察でしたが、地方移住先として良いところだな、と改めて思いました。

下記の写真は大宰府ですが、観光地は意外にありませんので、他県に足を伸ばした方が良いですね。
大宰府


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください