佐賀県というのは、地味な県です。

「佐賀県は長崎と福岡で分割統治すればよい」なんて乱暴な論調もあったりします。

佐賀県の存在価値はあるのだろうか!

僕は佐賀県は魅力的な県だと思うし、存在価値は十分あると思います。

なんでいきなりこんなことを書くかというと、佐賀県に来ているからです。
リタイアするなら、いま旅行する必要はない。
そんな風に明言していましたが・・・

去年の年末、ふるさと納税の枠が余っていたので、泉佐野市に納税して、ピーチポイントをゲットしたんです。
それで、福岡までの航空券代がほぼ無料!ということになったので、この三連休を利用して行く事にしました。

まあ、会社の休みを利用した、セコセコ移動する旅も、今後する機会がなくなると思うと、貴重な体験だと思います(!?)

福岡から、空港直通のバスで伊万里に入りました。
佐賀県はさておき、佐賀空港の存在価値はないかなあ・・・と思いますが。

ご存知のとおり、伊万里は陶芸の街です。

陶器を買ったりはしませんでしたが、特に、大川内山の古い街並みは風情があってよかったですよ。

伊万里

IMGP3633

伊万里

今回は、佐賀県は2回目です。

前回は、佐賀市内、唐津、呼子、吉野ケ里遺跡を周遊しました。
歴史もあるし、風景も良いし、その割には人がいないし、良い場所だと思います。
特に、唐津は海も綺麗だし、歴史的な街並みが美しいし、のんびりしているしで、特に好きです。
すぐに飽きるかもしれませんが、移住しても良いかな、と思う街の一つです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください