☆☆☆「沖縄移住で人生リセット!」のブログからの転載です。☆☆☆

もう那覇に戻ってきてますけど、久米島旅行記の最後の投稿をしたいと思います。

久米島に初上陸 久米島への旅その①

古民家食堂で絶品沖縄そばを食らう 久米島への旅その②

旅はガッカリするためにある!? 久米島への旅その③

レンタサイクルで島を一周 久米島への旅その④

久米島には、なぜか「そば屋」がたくさんあります。
念のために、沖縄でそばと言えば、沖縄そばのことですよ。
久米島はそばが名物みたいですし、久米島に限らず沖縄はそば屋が多いんですけど、それにしてもそば屋が多い印象があります。

前の日記で「やん小~」というお店を紹介しましたが、もう一店、食べログの評価で双璧をなすお店があります。
「スリーピース」というお店です。

「スリーピース」ですが、「やん小~」とは島のちょうど反対側の、イーフビーチの近くにあります。
観光客にはこちらの方が便利でしょうね。

文字通り、「西のやん小~、東のスリーピース」と言えるかも。

関連ランキング:沖縄そば | 久米島町

雰囲気は全然違っていて、こちらは海の家風のプレハブ造りです。

スリーピース05

沖縄そばと言うよりは、味噌ラーメンみたいな感じです。
ちょっと担担麺っぽい感じで、ほどよい辛みがアクセントになっています。

2度目には久米島そばに挑戦。

スリーピース01

オーソドックスな沖縄そばという感じですが、こちらも丁寧に作られていて、凡百のお店よりワンランク高い美味しさでした。

ただ、ホンネを言うと、「やん小~」ほどのインパクトはなかったかなという感じです。
「普通に美味しい沖縄そば」という感じでしょうかね。

このお店でオススメなのが、「ぜんざい」です。

ぜんざいと言っても、かき氷が載っています。
見た目は完全にかき氷ですね。

スリーピース03

上だけ食べると、何の変哲もないかき氷なんですが、そこに白玉入りの餡が埋まっています。
この餡を上のかき氷と混ぜながら食べると、これが実に美味いのです。

スリーピース04

かき氷のさっぱり感と、餡のなめらかの甘さと、白玉のもっちりした食感がお互いに溶け合って、絶妙なハーモニーを奏でます。
・・・って、なんか大げさな表現だな。

そばの後、食後に食べると満足感倍増です。

セットで評価すると、「やん小~」と甲乙つけがたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です