労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
僕の50個の棺桶リスト(死ぬまでにやりたいこと)のひとつに「TOEICで900点を取る」というのがあります。
別に高得点を取ることが目的ではありません。
主目的は英語をマスターすることで、その達成指標としてTOEICの点数があるという位置付けです。
さて、最近受けた試験のスコアが戻ってきましたが・・・
880点 
*写真はイメージ・・・じゃなくて、本物なのすでぅ~
TOEIC880
新入社員のころに達成した自己最高点を越えました。
退職したら集中的に勉強して達成しようと思っていましたが、頑張れば在職中にクリアできるかもしれないなという気になってきました
相対的に点数の低いリーディングですが、時間がもっとあればかなり点が上がると思います。
逆に、スピードを上げることができれば、もっと点はとれると思います。
資産運用と同様、英語の世界でも「楽してすぐに成果が出る!」的な宣伝文句があらゆる所で踊っていますが、そんな都合の良いものはありませんよね。
成果を出すにはそれなりの時間をかける必要があると思います。
留学、海外在住経験もなく、日常的に英語を使う環境にない場合(僕の場合もそう)は、特にそうですね。
ちなみに、僕の場合は「英語を勉強する」のではなく、「英語で勉強する」という方法を取っています。
仕事に関係する本や資料を英語で読んだり、テレビ番組(おもにNHK)で二か国語放送の番組を英語で見たりしています。
お金はほとんどかけていません。
多くの人は時間をかけずにお金をかけてますが、時間をかけてお金をかけない方が、英語はマスターできると思うんですけどね。
まあ、忙しいビジネスマンにはそれが厳しいわけですが…
いずれにしても、スキマ時間を使ってあと20点分がんばりたいと思います。
今回は出来過ぎの感もあるので、次回普通に受けると下がりそうですが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です