パンデミックの恐怖を描いた映画『コンティジョン』が話題になり、人気を集めています。

こちらのレビューは先日ブログに書きました。

新型コロナ禍を予見していた? 映画『コンティジョン』

この映画ほど注目はされていませんが、他にも人気が再燃している映画があります。

『アウトブレイク』という映画です。

1995年に制作された映画ですが、監督にウォルフガング・ペーターゼンで、主役はダスティン・ホフマン。

モーガン・フリーマンやドナルド・サザーランドも出演していて、キャストは結構豪華です。

脚本が良く練れていて、社会派映画ながらも、エンターテイメント性も高いです。

感染源はザイール(コンゴ)のサルなんですが、モデルはエボラ出血熱のようですね。
サルがアメリカに持ち込まれて感染が急拡大していく・・・
これに、アメリカ陸軍の軍事機密が絡んできます。

保身に走る軍の上層部と、そういう上層部に不信を抱きながら、感染拡大を防ごうと奔走するサム・ダニエルズ大佐(ダスティン・ホフマン)。

結果的に、ダニエルズは軍部から追われることになるんですが、元妻もウイルスに感染してしまう。
軍の追跡を避けながら、ウイルス感染から元妻と他の感染者たちも救わなければならない・・・

『コンティジョン』はリアリティを重視していますが、『アウトブレイク』はエンターテイメント性を重視している。

そういう意味では、『コンティジョン』ほど新型コロナ社会を予見しているわけではないですが、アクションシーンやサスペンスっぽさがあって、面白さでは『コンティジョン』に勝っていると思いますね。

組織(映画では陸軍)の保身のために、感染対策が滞り、しかも多くの国民を犠牲にする計画が実行に移されたり・・・と、恐ろしいながらもリアリティある世界が描かれていて、しっかり考えさせられる作品となっています。

面白いけど、派手な映画ではないので、こういう時でもなければなかなか注目を集められないかもしれませんが、観る価値がある映画ですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください