『フォードvsフェラーリ』を観てきました。

予告編を見たときは、ぜんぜん惹かれなかったんですけどね。

というのも「アメリカ万歳! みたいな映画なんだろうなぁ。あるいは、フォード復活のプロジェクトXみたいな感動物語か・・・」と思ったんです。

フォードなんて、日本車に負けて、欧州車にも負けて、昔のサクセスストーリを今さら見させられてもなあ・・・という思いもありました。

アカデミー賞4部門ノミネートで、批評家の評価も高く、観た人のレビューの大半が良好です。

「それほど評判が良いんなら」と思ってみたんですが、たしかに面白かった!

レースのシーンは、リアリティがありながらも、映像技術が駆使されていて、迫力があります。
さすがはハリウッド映画!と感心させられるわけですが、この映画の良さはそこだけでなく、人間ドラマにあります。

ストーリー自体はありきたりのサクセスストーリーなんですが、切り取り方も、構成も良くできているんですよね。

*** 多少ネタバレあり ***

作品名は「フォードvsフェラーリ」もなってますけど、主題はそこにはありません。

ル・マン24時間レースで王者フェラーリをフォードが打倒したという実話を元にした映画なんですが、ライバルのフェラーリ側のドラマがほとんど書かれておらず、「強敵に挑む」という要素も弱いですね。

一方で、「フォードが果敢に困難に挑戦した」ということが主題でもない。
偉業を成し遂げたのは、フォードではなく、二人の主人公のキャロル・シェルビー(マットデイモン)と、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)です。

エンドロールが出るまで、ケン・マイルズ役がクリスチャン・ベールだって気づかなかったんですが、それくらいなり切ってましたねえ。
(でも本人はアカデミー賞にはノミネートされてないんですねぇ)

さて、この映画の良いところは、

  • 会社の意向と時に対立しながらも、二人の主人公はフォードという会社の中で自己実現を果たす
  • 二人は時に対立し、何度もケンカしながらも、強い絆で結ばれていて、同じ目的に向かって協力して突き進んでいく
  • ケン・マイルズは頑固な男で、事業も一時危機に陥るが、奥さんも息子もマイルズを尊敬し、彼を支えており、家族も円満でいる

というところです。

「カーレースで優勝する」というのは、個人ではできないことですから、どうやって組織の中でうまく立ち回って自己実現するのか? というのが重要になります。

いまの日本の会社員にとっても、身につまされるところが多々あるんですよね。

フォードの硬直した組織体制を批判的に書いていたりもしますが、シェルビーは社長と直接交渉したり、策略を巡らせて、世渡りの下手なマイルズの代わりに、自分たちの主張を通していきます。

会社員でも、すべて会社の意向に従うのではなく、うまく立ち回って自己実現していく・・・というのはたしかに重要なことなんですよねえ。
(僕自身、会社員時代にもっとそうすべきだったと反省するところがある)

マイルズの奥さんはアメリカ人には珍しい(?)良妻賢母な女性ですねえ。
息子もお父さんのことを尊敬し、慕いつつも、ムリして事故したりしないように心配している。

この物語を、単なるサクセスストーリーとして見ずに、「組織の中でどうやって自己実現し、存在価値を作っていくのか」、「仕事に情熱を傾けながらも、家庭を円満に維持していくのはどうすればよいのか」みたいな視点から見れば、リアリティのある物語として、楽しめるんじゃないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください