早速、『天気の子』を観てきました。

僕は、あまり公開直後には映画は観ないです。
ある程度評価も固まってきて、劇場が空いてきたタイミングで行くことが多いんですよね。

映画館が会員デーで安かったのと、沖縄は初日でも満席にならないことも多くて、今回も普通に空席があったので、観てきた次第です。

新海誠は好きでも嫌いでもないですが、彼の作品はほとんど観てます(といっても作品数はそんなに多くない)。
そんなわけで、中立的な意見としてレビューします。

** 一部、ネタバレあり! **

映像は相変わらず美しく、新海作品の定番である「ボーイミーツガール」を描いているという点で、これまでの新海ワールドがしっかり踏襲されています。

新海誠が、本当に国民的な人気を博したといえるのは、前作の『君の名は。』だと思います。
それ以前の作品は、内容的にも私的要素、作家的要素が強くて、メジャーになりえるエンターテインメント作品とは言えなかったですね。

『君の名は。』が大ヒットしただけに、かなりプレッシャーだったとは思いますが、『君の名は。』のヒット要素をしっかり踏襲しつつ、変えるべきところは変えて、単なる焼き直しでもないように、手堅くまとめてきた感はあります。
逆に言うと、映画を鑑賞していてさほど驚きはなかったですね。

『君の名は。』と比べると、スピード感に欠けていて、前半が比較的ゆっくり展開していくので、ちょっと「大丈夫かな?」というのはありました。
後半で物語が動いていくのですが、古典的な起承転結の構成になっているなあ・・・と思いました。
最近のエンターテインメント作品って、起承転結だとかったるく感じられるために、前段である程度物語を進めるのが定番化している気がしますが、本作はそうでもないですね。
主人公の独白も結構多くて、内省的な要素が強いですね。

そういう意味で、前半は新海誠の『君の名は。』以前の過去作品を踏襲している感はあります。
あとは、『千と千尋の神隠し』『魔女の宅急便』『崖の上のポニョ』あたりのジブリ作品の影響が強いんじゃないかなぁ・・・と思いました。
既視感のある作品だったともいえます、

現代社会が、神話や伝承の世界とリンクして、それによって天災が起こされている点も前作同様なのですが、今回は因果律が分かりやすくてあまり謎めいたところがないですね。
ちょっと神秘性には欠ける感はありました。

一方で、終わり方というか、後半の展開は「あれっ、こうくるんだ?」という意外性はありました。
ただし、そうした中でも、違和感ない程度のところで結末まで持ってきていて、観客の期待にはギリギリのところで応えているんですよね。

さて、沖縄県立博物館で新海誠展をやった時に、文芸評論家の榎本正樹氏の講演があったのですが、それがとても勉強になりました。
その講演会では、新海誠は同じテーマ、つまり上記にも書いた「ボーイミーツガール」の作品を延々と作り続けていて、それら全体が一つの作品となっている・・・みたいな話がありました。
『君の名は。』以前は、延々と男女はすれ違い続けるわけですが、『君の名は。』で、すれ違いは解消され、しっかり関係性が構築される兆しを見せて終わっています。
『天気の子』では、ここからさらに何らかの展開を見せるだろう・・・みたいなことを、榎本さんは講演で仰っていました。

たしかに、そういう視点で見ると、『天気の子』では『君の名は。』から一歩進んだ展開を見せていて、ある種『君の名は。』で持ち越した課題に解決を与えていると言えます。
『君の名は。』と『天気の子』はポジネガみたいな関係になってると思います。
どっちがポジで、どっちがネガかは一概には言えないけど、相互補完しあっている感は強いですね。

本作は大ヒットするとは思うし、内容面でも高く評価されるとは思うのですが、『君の名は。』を超えているかというと、ちょっと微妙なところかなあ・・・とは思います。

新海誠って多彩な広がりのある世界を描くよりも、一つの世界感を変奏していく能力にたけている人だと思うんですよね。
そんな中で、ワンパターンに陥らずに、エンターテインメント作品として多くの人に受ける作品を作り続けるのは大変だろうなあ・・・と思います。
今後に対しては、期待と不安が入り混じるクリエイターですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください