七つの会議

やっと、友人の沖縄訪問もひと段落して、週末も落ち着いてきました。

『七つの会議』を観てきました。

平日に行きたかったんですけど、仕事が終わった後の、夜の時間帯には上映していないんですよね・・・
会社員がメインターゲットだと思うんですが、平日の夜に上映してないってどういうことよ?
とちょっと疑問に思ってしまいますね。

さて、本作ですが、池井戸潤原作の企業を舞台にする映画で、系統としては、『空飛ぶタイヤ』に近い作品となっています。

池井戸潤の作品って、マンネリと言えばマンネリなんですけど、作品ごとの登場人物のキャラクターの作り方や、ストーリー展開の工夫の仕方が異なっていて、安定感はありつつも、飽きられないですね。

会社での上下関係や、同期同士の出世争いみたいな、社内政治の部分はもちろん、親会社と子会社のしがらみや、大企業と下請けの中小企業それぞれの論理みたいなところも盛り込まれていて、そこが絡み合うところに、池井戸作品の深みというか、面白みがあるわけでですが、本作でもそこは存分すぎるほど発揮されていました。

** 以下、多少ネタバレあり **

さて、本作も、『空飛ぶタイヤ』と同様、企業のリコール隠しが主題です。
ただ、それは最初から明示されているわけではありません。
野村萬斎が演じる、八角という、窓際中年社員の上司からのパワハラ告発による不可解な人事異動から、謎が深まっていき、それが徐々に明らかになっていくという構成。
企業内部の攻防を巡る物語ですが、ミステリーのような面白さがありました。

本作は、出世競争や社内政治に明け暮れるサラリーマンの愚かさや、自己保身や会社を守るために社会的には許されない悪事を働いたり、それを隠蔽したりするジレンマが描かれています。

それが過剰に戯画的というか、アイロニカルに描かれていたりするので、劇場から笑いが漏れたりしていました。
「大げさじゃないの?」「誇張しすぎじゃないの?」と思うところも多々あり。
製作者側が笑いを取ろうとワザとそうしているのか、マジメに描いているのか、良く分からないところもありましたが。
まあ、前者だと思うし、そうあって欲しいと思っているんですがね……

良い作品だとは思うんですけど、日本人以外の外国人が観ると「この人たちは、何を考えていて、どうしてこういう行動を取るんだ?」と疑問に思ってしまうんじゃないかなあ……と思ってしまいます。
その辺は、エンドロールで、野村萬斎演じる八角が語ってくれますけどね。

僕自身、会社を辞めた身ですから、「そんなに出世とか会社に固執しなくても良いんじゃないの?」と思ってしまうわけですが。

池井戸潤が受けて、次々と映画化、ドラマ化がなされていることを考えると、日本企業もあまり変わってないんだなあ、と思わされます。

理不尽な思いをしながら働いて、報われるなら良いんですけど、バブル崩壊以降はそんなこともないですからねえ……

それはそうと、原作も評価高いですね。
読んでみたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください