空飛ぶタイヤ

『空飛ぶタイヤ』を観てきました。
観に行くかどうか迷っていたんですけど、評判が良かったし、沖縄の映画館で会員割引をやっていたので、行ってきちゃいました。

面白かった!

と言うのが、素直な感想。

原作が池井戸潤なだけに、物語がしっかりできているし、ビジネスマンにとってリアリティある内容になっているし、最初から最後まで緊張感があって、全く退屈しません。

この作品、直木賞候補になっているんですが、結局受賞はせず、『下町ロケット』で受賞してますね。

『空飛ぶタイヤ』の方で受賞してもおかしくなかったんじゃないかなあ。

さて、本作は明らかに、三菱リコール隠し事件がベースになっていますが、創作部分がしっかりできていますので、実際の事件を元にした良質の「フィクション」と言えるでしょうね。

主人公は運送会社を経営する赤松徳郎(長瀬智也)。
同社のトラックが自動車事故を起こして、歩行者の女性が死亡してしまうんですが、赤松は自動車会社のリコール隠しによって罪を着せられた被害者なのですが、人を殺した罪を背負わされているという点で、世間からは加害者として見なされてしまっている。
この辺の設定が実に良く出来ていると思います。

事故の影響で顧客が離れ、会社が経営危機に陥ってしまう。
それだけでなく、亡くなった女性の夫から、「人殺し」と攻撃され、訴訟まで起こされる。
赤松が追い詰められていく様子は、見ていて同情を禁じ得なかったですね。
ただ、社員や奥さんが赤松をしっかり支えており、赤松は巨大企業を相手に戦い続ける。

しかし、相手のホープ自動車は、隠ぺいや妨害を行っていて、真相解明は遅々として進まない。
池井戸潤は、三菱銀行(当時)の行員だったんですが、よほど大企業、特にが嫌いだったんでしょうねえ・・・

『下町ロケット』もそうですが、「中小企業=善」、「大企業=悪」という図式で描かれていますね。

現実社会は、必ずしもそうではないですね。
たしかに、大企業は硬直的だし、下請けの中小企業に対して横柄に振るまうことはありますが、組織がしっかりしているので、コンプライアンスは守られやすいと思いますね。
一方で、中小企業の方が、利益を上げるためになりふり構っていられないところがあります。

どっちが善とか、どっちが悪とか、一概には断定できませんよね。

ただ、本作の優れている点なのですが、大企業の中にも、正義感の強い人がいて、リコール隠しの内部告発を行なったりします。
ディーンフジオカ演じる沢田課長がそうなんですが、この人も人物造形も良く出来ていると思います。
正義感が強くて、不正を告発しようとするんですが、望みの部署に異動させてもらうことで、妥協してしまったりもするんですよね。
組織の人間というのは、組織の論理に従って生きなければならないし、そこから外れたことをしてしまうと、組織によって潰されてします。
この辺は、半沢直樹シリーズを彷彿とさせてくれます。

経営者というのは、自分の思うように組織を動かせる一方で、社員を食わせなければならないし、そのために金策に奔走しなければならない。
不祥事が起きると、矢面に立たされる。
いつ会社が潰れるかもしれず、どん底に陥る危機に晒されながら生きざるを得ない。

会社員は安定しているけども、上司には服従せざるを得ないし、自由な行動は制限される。
社内政治によって、不遇の扱いを受けることも多々ある。

どっちの立場も大変だなあ・・・と思わせられた映画でしたね。

どちらの登場人物にも、共感するところは多々ありました。
ただ、お金にも困らず、誰にも従わなくても良い、いまの自分は本当に恵まれてるんだなあ・・・
という実感も抱きました。

本当に会社っておかしなところだなあ・・・と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください