映画に関していうと、シリーズ1作目の面白さを100とすると、2作目は80、3作目は60くらいに落ちていく、というのが僕の感覚です。

今回は、BS放送を録画していた『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』を観ました。

1作目のレビューは先日書きました。
『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』面白いけどインディージョーンズの方が…(1125本目)

で、2作目ですが、作品のクオリティーはしっかり維持されています。
むしろ、スケール感では前作を上回っている部分もあります。

1作目がヒットすると、2匹目のドジョウを狙って、安直に2作目が創られてしまう・・・というのがハリウッド映画の常套(最近はそうでもないようだけど)です。
でも、本気で良い作品を創ろう!という意気込みがある人たちにとって、2作目を創り、成功させるのは結構難しいと思います。

前作がヒットしているだけあって、それを越えなければならないというプレッシャーもあります。
前作のファンを裏切ぎることなく、高い期待に応えなければならない。
その一方で、マンネリ化を避けなければならない。

『ハムナプトラ2』に関していうと、その辺は非常に上手く対処していますね。

前作の主人公のリックとエヴリンは結婚し、アレックスという息子が生れています。
この息子は頭が良くて行動力があるんですが、それだけに色々なことをやらかしてしまうトラブルメーカーなんですよね。
ちなみに、夫婦仲は良くて、ベタベタです。
この辺で、前作よりもユーモラスな感じに仕上がってます。

ルーカス、スピルバーグ、キャメロン作品ほどには、超大作&名作とは言えないかもしれないけど、しっかり楽しませてくれる映画だと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です