美女と野獣

『美女と野獣』を観てきました。

当初は観る予定がなかったんですが、僕が通っている映画館のポイントが貯まって、一回分が無料になったんですよね。
那覇に行ってしまうと、観れなくなります。
上映中の作品の中では、『美女と野獣』くらいしか観たい作品なかったんですよね。

感想ですが、とてもよく作り込まれていた良い映画だったと思います。
ストーリーは最初から分かっているので、物語の展開ではなく、構成や映像や音楽やディテールの作りでどう見せるのか、というところが肝になります。

ディズニーならではの完璧な作り込み方でしたね。
映像も美しいし、野獣の姿かたちも計算されつくされてますね。
醜くはあっても、親しみが持てて、なおかつリアリティがあるという、バランスの良さ。
魔法でモノに変えられた家来のキャラクターや見た目、行動にも引き付けられる。

主役のベルは、いま絶頂のエマ・ワトソンです。
気が強くて自立したキャラ設定ですが、かなりエマ・ワトソンのキャラクターに寄せて造形しているな・・・と思いました。
エマ・ワトソンが嫌いな人には、役柄には馴染めないかもしれませんけどね。

映像のトーンがくすんだ感じになっていて、ディズニー映画のカラフルな雰囲気でもなかったのが、ちょっと意外でしたが、シックなトーンにして、大人な感じを意図的に出している感じはあります。
『モアナと伝説の海』よりは上の年齢層を狙ってることが良く分かります。

ストーリー展開は、まさにファンタジーの王道を行っています。

逆にいうと、「定番作品をクオリティ高く作った」という以上でも以下でもないというか・・・
定番すぎる感があるんですよね。
普通にデートかなんかで観て「面白かったね~♪」と語りながら、テンションを上げながらキモチ良く帰宅できる映画であることは間違いないし、そういう要素を求めるのであれば、これ以上適した映画もあまりないでしょう。

ただ、もう少しストーリー展開や、各シーンでもう少しひねったことやっても良かったんじゃないかな、と思いますね。

いつも思うことなんですが、男女逆だったら成り立たないだろうなあ・・・

『イケメンと野獣女』みたいなタイトルだったら、オタク女子くらいしか観ないんじゃなかろうか。

でも、よく考えると、日本映画に『ハンサムスーツ』という名作(?)がありましたね。

本作は『美女と野獣』を逆転させたパロディーだということを改めて実感しました。
映像の豪華さや作り込み方はさておき、テーマの現代性、ストーリー展開のひねりという点では、『ハンサムスーツ』の方が先を行っていると思います(!?)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください