映画『ドリームガールズ』は数年前に観ていたのですが、英語字幕で観たため、内容がちゃんと理解できていませんでした。。

BSプレミアムで再放送やっていたので、二度目を観ました。

女性ボーカルグループの確執や成功、挫折を描いています。
「うーん。ストーリーはありきたりだなあ」と思ったりもします。
でも、綺麗事だけでなく、人間関係のドロドロした要素も、暗くならない程度に入っていて、その点は良かったです。
しかも、音楽のレベルが高いし、演出もうまくて飽きさせません

さすがは、アメリカはショービジネスの最先端を行っているなあ、と思いました。
ストーリーがありきたりでも、歌や音楽が優れているので、一流の作品に仕上がっているんですよね。

本作はミュージカルの映画化で、「シュープリームス」という、ダイアナロスもいたボーカルグループがモデルです。
日本でもこういう映画があっても良いと思うんですが、なぜか撮られませんねえ。

日本にも、宝塚やジャニーズに限らず、歌える俳優はいます

BOOWYやチェッカーズなんか、ドラマに満ちているので、彼らを元にした映画ができても良いと思うんですが。
あるいは、最近ではSMAPの解散がありますね。
これも、映画化すると面白いと思います。
まあ、当分はされないかなあ・・・

日米の映画化に関する意識の違いも分かって、作品の面白さ以外にも勉強になる映画でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください