ストーンウォール

日本では、まだ新宿シネマカリテのみでしか上映されていない、『ストーンウォール』

自らゲイだとカミングアウトしているローランド・エメリッヒ監督の作品。

ストーンウォールの反乱という、NYで起きた出来事をベースにしています。

1969年6月28日、N.Y.グリニッジ・ビレッジのバー「ストーンウォール・イン」で起きた暴動。当時のセクシュアル・マイノリティに対する、理不尽な法律や警察による不当な捜査に対して、初めて反乱を起こしたこの事件は、アメリカのマスコミでも連日大きく取り上げられ、事件の翌年、N.Y.で初のLGBTプライド・パレードが行われた。

僕は面白いと思ったんですが、本国では酷評されているようです。
・事実とは異なり、白人のイケメンがヒーローになっている
・有色人種やレズビアンなど、他のセクシュアルマイノリティーが描かれていない(実際の反乱では大きな役割を果たした)
・若者の成長を描いたありきたりな青春映画
みたいなところが、評価が低い主な理由です。

ストーンウォールの反乱を知らなかったので、本作は事実を元にしたドキュメンタリータッチの映画だと、僕自身勘違いしていました。
まあ、僕自身はあまりこの運動にたいしてとやかく言う立場にはないので、単純に映画としてみると、評価はできると思います。
ゲイとしての青春を描いたメジャーな映画はあまり過去になかった気もする(僕が知らないだけかもしれない)し、SF映画の監督だけあって、映像もストーリー展開も良くできていたと思います。

『怒り』『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』を観ていて思うのですが、LGBTが映画の中でも自然に描かれるようになってきましたね。
あと、メジャーな作品でも同性同士のラブシーンが、異性間と同様の描き方がされるようになったのも、最近のトレンドかなと思います。

『怒り』はミステリーではなくヒューマンドラマとして観たい(1038本目)

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』はドキュメンタリータッチの感動作(1083本目)

僕にとっては、アメリカのLGBTへの弾圧と、それに対するストーンウォールの反乱という事件について知れただけで意義ある映画でした。
キリスト教は同性愛を禁止しているので、同性愛者が虐げられるのは文化的・歴史的見地からは理解できます。
日本では、LGBTを差別する文化的背景はないと思うんですよね・・・

それはさておき、映画の中でジュディガーランドの名前が良く出てきます。
僕にとっては『オズの魔法使い』の少女というくらいのイメージしかなかったんですが、ジュディガーランドってバイセクシュアルだったんですね。
セックス中毒とか、覚せい剤とか、枕営業とか、ハリウッドの中でもかなり身を持ち崩した女優だったそうです。
「虹の彼方に」を歌っていた少女の人生がこうなっちゃの??
という感じですが、アメリカの光と影を象徴するような存在なんですねえ・・・・

いやー、映画って本当にいいもんですね~
それでは次週をご期待ください。
サヨナラ サヨナラ サヨナラ ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください