『スケアクロウ』はアメリカンニューシネマの中でも、見逃していて、見たいと思っていた作品です。

ちょうどBSプレミアムでやっていてラッキーでした。

アメリカンニューシネマの後期の作品ですが、この後はアメリカンニューシネマ自体が下火になります。
それによって、現代のハリウッド映画が誕生しているともいます。

キラキラしたスターもおらず、英雄的な役柄もなく、単細胞的な楽観もなければ、映像的な技巧も(あまり)ない。
アメリカ映画史の中ではちょっと特殊な時代と言ってよいでしょうね。

本作には、現代のアメリカ映画にはない荒削りさがありますねえ。
ジーン・ハックマン アル・パチーノを主人公とする、ロードムービーなのですが、この時代の作品らしく、やはりどこか陰がありますね。
旅していても浮かれて楽しんでいるわけではなく、自分の変えるべきところ、居場所となるべきところを探している。
フロンティアを求めるアメリカンスピリットと、閉塞する時代の中で、行き場所を探そうとするアウトローの姿が交錯することで、こういう作品が生まれたんですね。

『イージライダー』『さらば冬のかもめ』なんかも似た臭いがしますからねえ・・・

予算がない中で映画を撮ろうとすると、アメリカ大陸の広大な風景をバックに撮影するのがよいので、ロードムービーという形にせざるを得ないところもあるかもしれませんね。

重要なのは、行きついた先です。
大抵のアメリカンニューシネマは、たどり着いた先がどん詰まりなんですが・・・
本作も同様とも言えますけど、それでもどん詰まりの中に、先の未来が見えるところがあります。
やはり、ベトナム戦争や赤狩りの時代が終わり、アメリカンドリームの復活が見え始めた時代だったからなんでしょうかね。
だからと言って、決して時代に迎合しているわけではなく、しっかりと反骨精神が維持されている作品ではあります。

ちなみに、「スケアクロウ」というのは、案山子(カカシ)のことです。
案山子自体は出てきませんが、主人公たちの会話の中に、話題が出てきます。
そこを読み解いていけば、映画の主題も見えてくる。
シンプルですが、なかなか気の利いたタイトルだと思います。

いやー、映画って本当にいいもんですね~
それでは次週をご期待ください。
サヨナラ サヨナラ サヨナラ ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください