『映画女優』鑑賞。

田中絹代の生涯を、日本映画の黎明期の変遷とともに辿った作品。

監督が市川崑。
主演の田中絹代役は吉永小百合。
他には、菅原文太、中井貴一、沢口靖子、石坂浩二など、中高年にはお馴染みの名優で固めてきています。

田中絹代や日本映画史に興味がなくてもそれなりに楽しめますが、基本は中高年の日本映画好きが過去を振り返るために見る作品かな・・・と思いました。
若い頃の吉永小百合は最強ですねえ。
演技力云々以前に、田中絹代を演じて世間様が許してくれる女優はそうそういないと思います。

おもしろかったのは、溝口健二(菅原文太)ですね。
映画監督なのに、俳優に対して演技指導をしない(ダメ出しだけはする)ことで知られます。
溝口の独特なキャラクターと、田中絹代との絡みが、非常に面白かったです。

難点を言えば、焦点が定まりきれてない感があった点です。
田中絹代という、希有な女優の人生を描くのであれば、もう少し彼女の人生をより深く掘って映像化してもらいたかったなあ・・・と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください