ダークなSF映画が大好きです。
特にディストピアを描いた作品。

BSプレミアムでやっていた『ニューヨーク1997』もその系統の映画。

ジョンカーペンター監督の1981年の作品。
で、舞台が1997年。
ややこしいですが、もはや過去ではありますが、当時としては未来を描いたSF作品。

ゲーム『メタルギアソリッド』は本作へのオマージュとか。

犯罪増加率が400%を突破したアメリカは、ニューヨーク・マンハッタン島を15メートルのコンクリート壁で囲み、一帯をまるごとアメリカ最大の刑務所とした。
そんな中、大統領専用機がテロリストに乗っ取られ、マンハッタン島内に激突墜落。
大統領は脱出用ポッドで機外に逃れたが行方不明に。
犯罪者のスネーク・プリスキンを、釈放を条件に刑務所内に単身潜入させ、大統領を救出させる。

スネークの逃亡を阻止するために、24時間で爆発する小型爆弾が体内に仕込まれる・・・
例によって「時限爆弾スキーム」ですね(笑)。

まあ、この世界観が何とも素晴らしい(笑)。

大統領専用機がNYのビルに突っ込むとか、911を予言していたのか!?
と思ってしまいました。

一方で、ニューヨークの治安は、まさに、この映画で描かれている時代に、ジュリアーニ市長の政策で大幅に改善。
エネルギー問題によって第三次世界大戦が勃発している設定ですが、1997年にはすでにソ連は崩壊してしまっています。
いま、原油価格は大幅に下落。

まあ、当たっているか否かは問題ではなく、当時に描かれていた未来観が面白いです。

さて、世界観や設定はすごくいいのですが、撮影技術やアクションシーンがどうにも拙い感じですね。
当時の撮影技術だと、こんなものなのかもしれませんが・・・
でも、なんか、すごくもったいない感じの映画でした。

同じSF映画でも、キューブリックの作品は当時だからこそ素晴らしく、いまリメイクしても原作を超えられないと思います。
一方で、『ニューヨーク1997』は設定は変える必要があるでしょうが、いまリメイクした方が、優れた作品になると思います。

最初はクリストファーノーランがリメイクすると良いんじゃないかと思いましたが、後半まで観て、ジョージ・ミラー(『マッドマックス』シリーズの監督)が良いのではないかと思いました。
どちらが撮るかによって、全く違った作品になるんじゃないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください