昨日、BSプレミアムで放映した『あの子を探して』を観ました。
昼間の放映なので、録画して視聴。

張芸謀(チャンイーモウ)監督の1999年の作品。

『紅いコーリャン』『初恋の来た道』は以前観て、両方とも良かったので、期待して見ましたが・・・

13歳の少女ミンジが、中国の貧しい農村の小学校の代用教員になるが、生徒の一人である貧しい家庭の少年ホエクーが出稼ぎにいった町で迷子になってしまった。
ミンジは一人街に出て、少年を探し回り・・・

という話。

これだけ読むと、心温まるヒューマンドラマのように見えますし、実際にそうなのですが・・・

見ていて、多くの点で違和感がありました。

ウェイ・ミンジが代用教員になったのは、給金目当てで、教育熱心なわけではない。
実際、授業でも黒板に書いた文字を子供たちに写させる以上のことはやりません。
出稼ぎで生徒がいなくなったのを探しに行くのも、愛情というよりは、給金がもらえなくなるのがイヤだったからです。
(生徒が減ると給金が出なくなる)
で、街に出るバス代がないので、ミンジは生徒からお金を徴収したり、レンガを運ばせたりします。
これはちょっとビックリでした。
それでもお金が足りないので、生徒の力を借りてバスに無賃乗車します。
途中でばれて降ろされますが。

日本で先生が同じことやったら、大問題になりますよね・・・

生徒の力を借りながらバス代を稼いだり、街に出て少年を探したりうちに、ミンジの心にも変化が起きてくるようですが。
この辺は作品の中で明確に語られているわけではないので、見る側としては推測するしかありませんが。

街に出て迷子の少年を探すのに、周囲の人たちは自己主張が強いし、非協力的だし、迷子探しはかなり苦戦します。
ミンジも負けずに、自己主張しながら人々に協力要請していきます。
まあ、中国ですねえ!
みんな自分勝手で不親切。
それに負け劣らず、ミンジもメチャメチャタフで、都会の人混みの中、迷子の少年を探します。

山田洋次監督がこの作品を撮ったら、絶対に主人公に何度も泣かせていたはずだし、周囲の人たちももっと親切な設定にしたと思います。
それが日本人のココロってやつですよ(実際の日本人がそうかはさておき)。

そんなこんなあって、最後は丸く収まるわけですが。

このメチャメチャさは、作品の欠陥というよりは、中国社会の特殊性を反映しているものだと思います。
でも、ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞してますからねえ。

僕からすると、「他の生徒をほったらかして、一人ために街に出るのは先生としてどうなんだろう?」と思ったりもしましたが・・・
これって、迷える羊を助けに行くイエスの説話と被るんじゃないか? と気づきました。
少なくとも、欧米人に刺さったらからこその、ヴェネツィア国際映画祭グランプリなはずですからね。

最後のシーンで、ミンジと子供たちが新しいチョークで黒板に字を書くのですが、ここはジーンとくる良い場面でした。
貧しい農村を美しく描くチャンイーモウの手腕は素晴らしいと思います。
この作品は昔の中国を舞台にしているのかと思いきや、現代の話(と言っても撮影は1999年)なんですね。

いまや、中国はアメリカに次ぐ世界第二の経済大国に成長しましたが、農村部では義務教育も受けれない、受けたとしても非常に質が低いという状況がつい最近まであったんですね。
もしかすると今もあるかもしれませんが。
そういう意味で、社会の勉強にもなる作品です。
戦後の日本にも同様なことはあったはずですからね。

最後は寄付金がたくさん集まってメデタシメデタシで終わりますが、これが日本だったら、『週刊文春』あたりが、ミンジの過去の悪行を暴いてスキャンダルになって、美談は悪評に転嫁してしまうんじゃないでしょうか?
それはさておき、この作品が日本で撮られていたら、PTAあたりからクレームが付くんじゃないかと思います。
良作だとは思いますけど、『紅いコーリャン』『初恋の来た道』と比べると、文化の違いを意識しながら見ざるを得なかった作品ではありました。

最後になりますが、本作は本職の俳優ではなく、素人を使っているんですね。
映像の美しさが嘘っぽくなっていないのは、演者の力でリアリティーが醸成されているところが大きいと思います。
まあ、日本人的な発想に毒されていると突っ込みどころの多い映画ではありますが、名作であるのは間違いないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください