さっき、BSプレミアムでやってた『グレートギャツビー』。

良い映画でしたよ!

ちなみに、僕は『ギャツビー』は、

1974年の映画『華麗なるギャツビー』⇒野崎隆訳『グレートギャツビー』⇒村上春樹訳『グレートギャツビー』⇒2013年の映画『華麗なるギャツビー』(今回放映のやつ)

という順番で観たり読んだりしてます。

2013年版も、実は2回目です。
1回目は映画館ではなく、海外旅行に行った時の飛行機の中で観ました。
映画館に行くつもりだったのが、観た友達が「イマイチ」って言っていたので、見送ったんですよね。
そのイマイチの理由は「演出が不自然過ぎた」とのこと(この点については後で書きます)。

で、飛行機の中で観たのですが、吹き替えか英語(字幕なし)のどちらか一方しか選択できませんでした。
吹き替えで観るのはイヤなので、英語で観たのですが、理解できず、集中できませんでした。
(飛行機の中の小さな画面だったことが大きい)

最初に観た1974年の映画に引きずられてしまっていましたが、原作のギャツビーのイメージは結構違うんですよね。

まず、旧作の方はロバートレッドフォードがギャツビーを演じていましたが、品が良すぎてイメージに合ってなかったですね。
(観たときは原作読んでなかったので後でそう思ったのですが)

野心家でコンプレックスを抱えているギャツビー像は、今回のディカプリオの方が圧倒的に合っていると思っています。

ヒロイン(?)のデイジー役ですが、キャリー・マリガンが演じてます。
こっちはちょっと合ってないかな? と思いました。
というのも、デイジーは、原作では即物的で外見だけの空っぽの女なんですが、キャリー・マリガンが演じるとちょっと品がありすぎる感じがします。
ただ、それは、僕にこれまでの彼女の役柄の先入観があったからかもしれません。
これ単体で見れば、違和感なくちゃんと演じてるかも。
なんだかんだ言っても、実力ある女優さんですからね。

その他の俳優の役柄も違和感はなく、はまっている感じでした。

バズ・ラーマンが監督・脚本を勤めているだけあって、映像も華やかで美しいです。
ただ、僕は、バズ・ラーマンとは相性があまり良くないんですよね。
評価の高い彼の『ムーランルージュ』についても、僕はあまり評価してません。

パリが舞台なのに、アメリカナイズされていて、演出が過剰で、滑稽感が漂っている感がありました。
ディズニーランド的な作り物、作為感が違和感があったんですよね。

今回のギャツビーも結構違和感はありました。
ジャズエイジの話なのに、ヒップホップが使われていたり、ダンスや衣装がヘンに現代的だったり。
もちろん、演出として意図的にやっているのだと思うし、うまく使えば現代に馴染みやすい映像に仕上がるのですが・・・
やっぱり、過剰性というか、人工感は否めず。
個人的には、もう少しリアリティーを重視して欲しいと思いましたね。

ただ、映像は非常に上手く作られていると思います。
特に、メガネの看板が随所に出てくるところとか、「緑の光」とか、表現が象徴的で、センスの良さを感じさせました。
全体的に、もうちょっと抑制を利かせてくれればよかったんだけどなあ。
好みの問題かもしれませんが、10年後にはこういう表現は飽きられてしまっているかも・・・と思います。
古典になるには、普遍性が必要だと思うんですよ。

それは差し引いても、良くできた映画だと思います。
映像の演出を除くと、比較的原作にも忠実に作られている感じがあります。

原作と映画の比較については、語ることがたくさんあるので、別の機会に語りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください