NHK BSの録画『舞妓Haaaan!!!』を観賞。

脚本が宮藤官九郎で、出演が阿部サダヲ×堤真一×柴咲コウという豪華さです。

ただ、作品は「なんじゃこりゃ!?」という感じです。

この辺から、宮藤官九郎がぶっ飛んでいった感じです。

ひとつ前の『真夜中の弥次さん喜多さん』もだいぶぶっ飛んでましたが、作品としての完成度は高かったと思います(!?)。

でも、この『舞妓Haaaan!!!』あたりからだいぶおかしくなってきますね。
宮藤官九郎作品はさほど観ているわけではないですが、『少年メリケンサック』『謝罪の王様』等、本作以降の作品は「なんだこりゃ?」みたいな作品が多いです。

でも、『舞妓Haaaan!!!』含めて、駄作と切り捨てられない凄みがあるのは事実です。
だから、どうにも評価が難しい作品です。

さて、阿部サダヲが演じる舞妓マニアのサラリーマンの鬼塚が、京都に左遷(?)になり、「舞妓と野球拳をする」という夢をかなえるために奔走する・・・という物語です。
主役が阿部サダヲだから成り立っている作品だと思いますね。
他の人が演じたら、完全に違ったものになってたでしょう。

柴咲コウはやっぱり美人です。
柴咲コウ演じる大沢富士子は、鬼塚(阿部サダヲ)の恋人で、富士子の方が一方的に鬼塚に惹かれている感じで、鬼塚の方から振ったりしてます。
ありえんでしょ!
と思うけど、本作自体がありえないシチュエーション満載です。

あと、脚本がヘタウマというか、ウマヘタというか、何と言っていいのか分からない感じ。
かなりストーリーはバカバカしいし、異常なまでにユルいんですが、ヘンなところで伏線の張り方や設定が綿密なところがあります。

宮藤官九郎って才能を無駄遣いしているなあ・・・
と思います。
この無駄遣い感が魅力なのですが、本作以降は無駄遣いの方が前面に出てますね(笑)。
本当は宮藤官九郎はメジャーになる人ではなくて、アングラでぶっ飛んだ作品を作り続ける類の人なんじゃないかな・・・と思います。
メジャーになっても、あるはメジャーになるほど、外してくるのが、ある意味凄いとは思いますけど。

まあ、いずれにせよ。『謝罪の王様』よりは観る価値あると思います(笑)

いやー、映画って本当にいいもんですね~
それでは次週をご期待ください。
サヨナラ サヨナラ サヨナラ ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください