マネーショート

この映画、当初から「難しい!」と評判だったんですが、やっぱり難しかった・・・
株式投資はもちろん、空売りに関してもある程度は理解できているつもりだったんですが・・・

やっぱり英語&字幕で、金融の専門用語を理解するのは大変でした。

でも、株式投資やっている人なら見た方が良いと思いますよ。

リーマンショックを予想していただけでなく、それを見越して大儲けした人がいたというのは凄いと思いますね。
ただ、映画の中では、大儲けしてもみんなさほど浮かれてないんですよね。
だから、余計に分かりづらい。

映画が終わった後、カップルが「誰が儲けて、誰が損したのか良く分からなかった~」「えっ?全員儲けたんじゃないの」みたいな会話をしていました。
普通の人(金融にそれほど詳しくない人)の理解はこんなものなのでしょうね。

これから見る人は、
・4人の主要登場人物
・映画出てくる専門用語
をある程度頭に入れておくことをオススメします。

下記のサイトがコンパクトにまとまっていて良いかと思います。

【マネー・ショート 華麗なる大逆転】リーマンショックで世界を出し抜いた4人の男の実話

予習がオススメ!映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

観る前にこれを知れば『マネー・ショート』がもっと面白くなる!5つの経済用語

それにしても、邦題はイマイチですね。
「マネーショート」とか言われても、意味わからないんじゃないでしょうか?
「華麗なる大逆転」という副題も、必ずしもハッピーエンドとも言えない終わり方しているのを見ても、適さないと思いますよ。

マイケルルイスの原作そのままでも良かったんじゃないかな・・・

この人の、『マネーボール』は面白かったので、『世紀の空売り』も読んでみたいと思います。
あー。読む本が多すぎて仕事してるヒマがない!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください