スティーブジョブズ

映画、『スティーブジョブズ』を観てきました。

2013年の同名の映画がありますが、新しい方です。
特に、ジョブズに興味があるわけではないのですが、監督が『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニーボイルということもあり、チケットが安く手に入ったこともあり。

凄く面白いわけではないけど、構成はさすがだな・・・と思いました。
1984年「Macintosh」、1988年「NeXT Cube」、1998年「iMac」の3つの記者発表会の前のジョブズとその周辺の人たちの人間ドラマを描きます。
発表会が始まると、次のシーンに移ってしまいますので、世間で称賛されているプレゼンシーンは見られません。
逆に、そこに至るまでの舞台裏が映しだされる。
映画が真実だとは思いませんが、観る人は、ああ、この時はジョブズはこういう問題を抱えていたんだな・・・とわかります。

この映画は、ジョブズを美化もしていなければ、こき下ろしてもいません。
描き方はちょっと批判的だとは思いますが。

ジョブズは、元恋人との間にできた娘を愛しながらも、認知はしないし、娘やお金を巡って、元恋人とのトラブルを抱え続けている。
部下に対しても、厳しい態度を取り、決して慕われているわけでもなければ、ジョブズにお払い箱にされて憤っている昔の仲間もいる。

ジョブズが素晴らしい仕事をして、名声と巨万の富を築いたのは間違いありません。
ただ、ジョブズがどのくらい幸福だったのかというと・・・ちょっとわからないと思います。

映画は実話ではないですが、本物のジョブズも孤独で、さほど幸福ではなかったのかもしれないな・・・
と思いました。

僕はジョブズのことをよく知らないので、ピントはずれの意見かもしれませんし、「幸福とは何か?」という定義も良く分からないですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください