国立劇場50周年記念事業で、10月~12月まで、『仮名手本忠臣蔵』の通し上演されています。

いま、第2部を上演中です。

今回は、下記の本で予習して行きました。

『仮名手本忠臣蔵』 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 (1))

本作、単純な仇討の物語ではなく、その周辺の人々のサブストーリーも織り込んで、全体の作品世界が形成されています。
なので、予習をしておかないと理解できないし、十分に楽しめません。

第1部のレビューは先月書きました。

『仮名手本忠臣蔵』@国立劇場 は長かった!

第2部のレビューは追って書きますが、上の本を一冊読んでおけば、ストーリーの進行で取り残されることはないと思います。
50ページほどしかない絵本で、30分程度で読めると思います。
アマゾンのレビューが全て五つ星(!)という高評価なだけはあります。

ただ、物語は端折ることはなく、コンパクトにすべての物語を説明してくれています。
著者の橋本治は、僕の子供の頃、『枕草子』を現代語訳(?)して物議を醸しました。

橋本治は一般的イメージよりも、かなりの教養人、文化人だと思うんですよねえ。
それ以上に、大衆作家でもあります。

人間関係の複雑なところも、ごまかさずに、それでいて分かりやすく説明してくれています。
ただ、絵本と言っても、子供には難しいんじゃないかと思います。

そういう意味で、「おとなのえほん」と言ってよいと思います。
昔のサンテレビのエロい番組のタイトルじゃないですが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください