大戸屋

大戸屋の株主総会が終了しました。

今回は大株主のコロワイドが経営刷新案の株主提案がなされていて、経営者と激しく対立していました。

総会前には、大戸屋とコロワイドから書類は送られてくるは、電話はかかってくるわで、お互いロビー活動に躍起になっていました。

結果は、コロワイドの提案は否決されてしまいましたが・・・

「大戸屋」株主総会 筆頭株主コロワイド提案の刷新案は否決

僕個人としては、コロワイドの提案の方を支持していたんですけどねえ。
いまの大戸屋の低迷を考えると、現在の経営者に任せるよりも、大幅に刷新したほうが良いと思ったんですよね。

コロワイドが大株主であることは変わりがないし、今後、株をさらに買いまして議決権を増やしたり、経営の立て直しが難航して株主の離反を招けば、コロワイドが株主提案を通す可能性も出てくる可能性はある・・・と思います。

この世界は、不完全な人間が作っているので、会社も不完全であれば、経営も不完全です。

経営者が支配する会社だと、経営者が暴走したり、無能だったりして、ヘンな方向に行ってしまうと、修正する力が働きにくいんですよね。

株式会社というのは、資本と経営を分離して、資本家は資金の拠出をし、経営者は経営に専念するという、役割分担を可能にする仕組みだけでなく、経営の不完全性をある程度までではあるけど、是正できる仕組みが担保されているんですよねえ。

資本主義、株式会社の仕組みは不完全なものではあるけど、「良くできた仕組みだなあ」と感心させられますよ。

社会主義って人間の能力が限定的で、不完全であることを前提としていなかったのが失敗の元なんですよねえ。。。

どちらにしても、大戸屋が僕が株を買った頃のような「庶民が、安価で健康的で、おいしい食事を食べられる場所」としての魅力を取り戻してくれることを願っています。

大戸屋みなとみらいビジネススクエア店1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください