株価チャート

昨日は、イランリスクが後退して株価は回復しましたが、イランによる米軍基地砲撃で再び大幅下落してしまいました。

こういった地政学リスクは予想がつかない上に、株価に与える影響を見積もるのは困難です。
しかも、いまのアメリカ大統領はトランプという予測不能なお方で、なおかつ政府の公式ルートを取らずにいきなりツイッターで重要事項をツイートしたりするので、さらに予想不能な状況になっています。

年末年始に、「2020年はどうなる?」みたいなテレビ番組や記事やらが出てましたけど、その時点ではイランに関するリスクはほとんど出ていなかったと記憶しています。

むしろ、語られていたのは米中関係で、日本のメディアに限って言えば、イランは視野になかったと思います。。

こういう地政学的なリスクを予想しながら投資したところで、当たりもしなければ儲かりもしないんですよね。

投資家としては、嵐が通り過ぎるのを黙って見ているほかはないでしょうねえ。

僕が投資を始めてからは、911テロもあったし、イラク戦争もあったし、アフガン攻撃もありました。
そのたびに株価は乱高下しましたけど、ずっとホールドを続けて、下がれば買いまして、いまに至ります。

個人投資家としては、国際政治は全く気にしないくらいが最善の選択だと思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください