お金

最近、相場環境が好調で、資産も順調に増加して行っています。

2019年10月末時点の金融資産 ~大幅増加~

振り返ってみましたが、私の月末ベースでの金融資産の最高額は、2017年12月末で、2億2700万円(10万円以下は切り捨て)すね。
結局、会社を辞めた1年後が一番資産が多かったことになります。

あと400万円で最高額回復ですから、相場環境さえ良ければ、今年中の達成も不可能ではないかなあ・・・と思っています。

株式相場自体が好調ですが、米国市場はNASDAQとS&Pは最高値更新、ダウも最高値に迫る状況です。
一方、日本株はこの時点の水準をまだ回復できていません。

外国株比率を増やしているとはいえ、いまだ日本株中心で運用していますから、日本市場の動向次第ってところは大きいですね。

ただ、日本企業の足元の業績は必ずしも明るくない様子ですね。

製造業の下方修正、7年ぶり高水準 非製造業と明暗 20年3月期、海外低迷が重荷

米中貿易戦争って、仕掛けたアメリカ本国よりも、日本の方が被るダメージが大きかったようですねぇ。

さすが、「アメリカファースト」を掲げるトランプ大統領、結果的アメリカの独り勝ちをしっかり演出できてしまったんじゃないかって気もします。

さて、海外にいると、アメリカ、トランプ大統領の評判って決して良いものではありません。
日本は、大統領選の真っただ中はトランプを揶揄する報道はあったけど、大統領に就任してからは、そういう報道もナリを潜めましたね。

「いまの日本を一言で表現しろ」と言われると、「ジャイアンに寄り添うスネ夫みたいな存在」ということになるでしょうね。

ただ、スネ夫の家ほど金もないし、ジャイアンに寄り添っても、得られる恩恵は限定的です。
だからと言って、自立できるほど、経済的にも政治的にも強くはない。

僕自身は、日本を愛してますけど、客観的に評価すると、どうしてもこういう評価になっちゃいますね。

そういう中で、資産形成するにはどうすれば良いかって話です。

まあ、グローバル分散投資しかないでしょうね・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください