計算機

ソフトバンクグループが発行する7年債の売れ行きが好調なんだそうです。

ソフトバンクG債、マネックス証が「2分26秒」で完売-「需要強い」

利率は1.38%で、過去4年で最低水準・・・とあります。

低金利だからしょうがないとは言え、低いですねえ。

それでも、よく売れているのは、低金利の中で、他に良い金融商品がないからでしょうねぇ・・・

僕も、一瞬応募しようかとも思ったんですが、見送りました。

リスクは1.38%の利率には見合わないかなあ・・・と思ったからです。

2億円の資産があれば、元本を確保しながら、安定的に2%の利回りが得られれば、不労所得だけで年収400万円になりますから、それだけで生活できてしまいます。

しかしながら、このご時勢、そういう商品は存在しないんですよねえ。

さほど、オイシイとはいえない、ソフトバンク債が人気を集めるのも理解できなくはないです。

企業側としては、低コストで資金調達できるから、社債発行は日本に限らず、トレンドになっているそうです。

個人としては、それなりにリスクをとらないと、リターンが得られない時代になったんだなあ・・・と改めて思いましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください