株価チャート

去年の12月末から今年の1月にかけて世界的に株価が急落しました。

その時は「世界経済は減速する」「株価はピークアウトした」みたいな悲観論が優勢になっていました。

ところが、その後ジワジワと株価は回復し、米国市場は過去最高値に迫りつつあります。

貿易摩擦が懸念されていた中国ですが、上海総合も好調に上昇しています。

日本株は上昇はしているけど、上値が重い状況です。
結局、日本市場は世界からあまり期待されていないってことなんでしょうね・・・

さて、3ヶ月前の状況を見ると、本当に株価って予測できないものだなあ・・・と思います。

僕の知っている、元外資系金融勤務のエリートも、「米国市場は減速する」「リーマンショック級の下落が来る」みたいなことを言って危機感を煽っていましたが、実際はそうなりませんでした。
彼は、いまでも一貫して悲観論を唱え続けていますが、これから彼の予想が当たる可能性もあるので、批判するには当たらないわけですが。

チャートをこねくり回したり、経済指標からいろいろ理屈をこねる人はいますが、株価って予測できた試しがないですね・・・

まあ、予測できれば大金持ちになれるから、そう簡単にいかないのはムリもないですが。

『ウォール街のランダムウォーカー』に書かれていることは正しいなあ・・・
と昨今の株式市場を見てつくづく思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください