株価チャート

金曜日に米国株が大きく下がりました。

世界的な景気後退の懸念が出ていましたが、そろそろ顕在化し始めていると言って良いかもしれません。

ただ、景気と株価はリアルタイムで連動しているわけでもないので、株価の方向性は分かりません。
しばらくは、積極的な売買はせずに、毎月のコツコツ積み立てを続けるのが良いかな・・・と思っています。

リーマンショック以降は、世界的な景気拡大が起きていたと言って良いでしょう。
ただし、日本はそうでもないですけどね。
日本は、企業の業績と株価は上がったけど、賃金も物価も思ったほどには上昇していないと思います。

先進国の主要都市は地価が上昇しています。

国土あたりの人口が少なく、さほどイノベーションが起きているとは思えないオーストラリアやニュージーランドでさえ、地価がかなり上昇しており、主要都市の地価は東京並み、あるいは東京以上に高くなっています。

シンガポールは、20年前の物価は日本の7割くらいでしたが、いまは日本よりも高いです。

新興国の発展も著しいですよ。
上海なんて、10年で同じ都市とは思えないくらい変わってしまいました。
カンボジア、ベトナムなんかも、ここ数年ですごく発展しています。

3年ほど前にモンゴルに行ったのですが、首都のウランバートルにビルがどんどん建ちはじめていて、驚きました。
10年ほど前は、低層建築しかなく、郊外は草原が広がっており、人家はゲルでした。
それがいまは、土地が塀で囲まれて家が建ち始めているんですよね。

海外に出てみると、「日本は取り残されている」ということを実感します。
一方で、日本には外国人がたくさん来るようになりました。
ただ、これは日本の物価が相対的に安くなっている影響が大きいんですよね。
ちょうど下記の記事が出ていたので、参考にしてみてください。

われわれの国は「安く」なった

さて、そもそも、日本の景気はさほど良かったとは思えないので、減速も何もないと思うんですよね。
加速していないものは、減速もできないでしょう・・・

日本の景気は「後退している」というのが正しいと思います。

ちょうど、物価も上がってきはじめているし、もうすぐ消費税も10%に上がります。
一方で、所得はさほど上がらないと思うし、保険料や税金の負担も軽減はしないと思います。
消費は停滞し、日本経済は低迷するんじゃないかと思っています。

もうすぐ元号も変わるし、来年は東京五輪も控えていますが、僕は日本に対してあまり明るい未来は描けないと思っています。

繰り返しになりますが、だからといって、日本の株式市場は暴落するとも限りません。少なくとも、上昇の頭は抑えられるんじゃないかとは思いますが。

世界的に景気が減速しても、長期的には世界経済は成長するものなので、引き続き世界の株式市場に分散投資をしていきたいと考えていますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください