労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様でした
日経平均が終値ベースでも1万8千円を回復しましたね。
まあ、私としては、追加投資のチャンスが減った感じなので、もう少し低迷していた方が都合は良いのですが……
先日、期待資産額の話題を書きました。
↓↓↓↓↓
何歳までにいくら貯めればお金持ちなのか?~期待資産額~
http://bucketlist50.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

アクセスが多かったので、補足しておきます。
着実に資産を増やしていくことができていれば、期待資産額を達成できていなくても、徐々に達成しやすくなってきます。
例えば、年収400万円(手取り)で生活費が年間300万円だったとします。年間に100万円が貯められます。
昇給して年収500万円になった場合、生活費が変わらなければ、2倍の200万円を貯めることが可能になります。
年収は10数%上がっただけでも、貯蓄は2倍に増えます。
さらに、投資利回りも大きくなっていきます(損した場合は、損失も大きくなりますが)。
株式に投資している場合、配当金が出れば、それを再投資することも可能です。
どこで読んだのかは忘れましたが「お金はさみしがり屋だから、お金のあるところに集まろうとする」という言葉があります。
お金は、溜まれば溜まるほど、さらに溜まりやすくなるものなのです。
まだ資産が少ないからと言って、悲観する必要はないと思います。
堅実に資産を蓄積していけば、どんどんお金を貯めるのは楽になっていきますので。
ただし、リスクの高い投資は避けるのが賢明だと思います。
一度、資産の大半を失ってしまうと、振り出しに戻らなければならくなるので。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください