シルバーウィークの反動で週末は自宅に籠ってます。
しばらくは遠出をせず、東京で活動したいと思います。

Yahoo!ファイナンスを見ていたら、懐かしい顔がっ!!

若林史江-株価予想

最近投資を始めた方はご存じないかもしれませんが、リーマンショック前くらいから活躍していた、株式評論家(?)、トレーダー(?)です。
当時は、いま以上に株式投資の世界は男性中心でした。
ITバブルから回復し始めるあたりで、女性投資家(カリスマ主婦トレーダーの山本有花さんとか)が台頭してきました。
そんな中で、若林史江さんが美人だってことで注目を集めたんですよね。
その後、2008年に自身のホームページの記事が日経QUICK社の記事を盗用したものだったことが判明し、メディアへの露出機会が激減していたみたいです。

株式投資の世界って、美人かそうでないかは全く関係ないのですが、なぜかどんな世界でも美人はもてはやされます。

旅行記の世界も似てるんですよね。
旅行記は、以前は、小田実、沢木耕太郎のプロの作家や下川裕治、蔵前仁一のような旅行専業作家が中心となって、取材力、文章力、企画力で本を売っていました。
その後、海外旅行が容易になり、世界一周も珍しくなり、多くの人が旅行記を書くようになってきました。
市場が飽和してくると、女性が台頭してきます(『ガンジス河でバタフライ』のたかのてることか)。
続いて、その女性がだんだん美女化してきます。
中谷美紀や眞鍋かをりがハードな旅行をして旅行記を書いたり、歩りえこのような旅ドル(旅系アイドル)が誕生したりします。

美女が出てくると、「市場が飽和した」と言ってよいと思うんですよね。

もちろん「美人は実力がない」というのは完全な偏見に過ぎません。
でも、本来外見は関係ない世界で、美人であることがアピールポイントになるというのは、本来の部分で差別化するのが難しくなっていることの証拠だと思うんですよね。

最近のYahoo!ファイナンスの株価予想のコーナーって、若林史江さんに限らず、女性は美人ばかりなんですよね。

個人投資家が最も利用している投資サイト(?)のYahoo!ファイナンスでこういう人選していて大丈夫んんだろうか?って正直心配になりますよ。

「美人であろうがそうでなかろうが、どうせ予想なんて当たらないんだから、それなら美人の方が良いだろう」というところなのかもしれませんが。

でも、外見を求めるなら、芸能人、モデル、グラビアアイドル、AV女優あたりに求めてもらえれば良いのであって、株式投資に求めるのはちょっと違うんじゃないかと思ったりもします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください