総裁選ですが、安倍首相の圧勝でしたね。
既定路線に終わり、面白みがなかったですねえ。

株価も急上昇していますが、総裁選を読んでというよりは、米国市場の好調と、短期的な円安に振れているためでしょうね。

個人的には、もう安倍政権には飽きたので、当初は石破さんになってもらっても良かったかなあ・・・と思ったりもしました。

ただ、今回の戦い方を見ていても、こんなに戦略性に欠けた人だとは思っていませんでした。
日本の未来を託すには不安のある方だなあ・・・とも思っちゃいましたよ。

アベノミクスには一定の評価をせざるを得ませんが、インフレ率2%というのは全然達成できてませんねえ。
ちなみに、世界的にはインフレ傾向が進んいて、いまや日本は「先進国の中では物価が安い国」となっています。

それに合わせて、賃金も安いわけですが・・・

そう言えば、ちきりんがブログに下記のような論考をされています。

もう一回、バブル崩壊が見られるかも!

たしかに、物価が上がらないのに、東京都心のマンション価格が値上がりしていますね。
実は、沖縄の不動産も、都心部は結構値上がりしています。

これってアベノミクスの副産物じゃないかなあ・・・と思いますね。

消費者にとっては、金利が低すぎて、借金がしやすくなっている。
銀行も儲かりにくくなっている中、希望者には融資をせざるを得ない状況になっている。

たしかに、不動産価格が上がっているなら、賃貸料も上がらなきゃダメですが、上がってませんねえ。

世界のトレンドとして、先進国の不動産価格はどんどん上がっているようです。
ただし、その分だけ賃金も上がっているし、不動産以外の物価も上がっています。
金利も安いですしねえ・・・

都心の不動産価格に物価上昇が追いつくのか、あるいはバブルが崩壊するのか、第三期安倍政権の腕の見せ所ですね。
といいつ、僕自身は、政権がどのような運営をしようとも、経済成長するのものはするし、バブル崩壊する時はするんだと思いますけどね。

ちなみに、アメリカの場合は、ブッシュ⇒オバマ⇒トランプ と大統領が変わっていますが、リーマンショック以降はずっと右肩あがりに株価は上がっているし、米国経済も好調です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です