株価チャート

過去に書いた下記の記事が、再びアクセスを集めています。

熊本地震で上がる株、下がる株

地震が起こるたびに、この記事へのアクセスが増加します。
地震をきっかけに株の売買をして儲けてやろう。
という不謹慎な輩が多いんですねえ(笑)。

本音を言うと、震災をネタに株の売買すること自体は悪いことじゃないと思います。
むしろ、過剰反応した株価を適正価格に落ち着ける役割も担っていると思うので、歓迎すべき点もあると思います。

ただし、地震で株売買で儲けるのは、正直難しいと思いますよ。

この件については、何度か書きました。

やっぱり熊本地震で株で儲けるのは難しいが・・・

津波・地震の時、株式投資で儲けようと思っても難しいよ!

地震で株で儲けようとしてもムダだと思う。

でも、これらの記事はさほどアクセスを集めてないんですよねえ。。。

投資のシナリオとしては、

・北海道基盤の企業(あるいは北海道と関係の強い企業)の株を空売りして短期的に儲ける
・復興関連銘柄(建設、インフラ系企業等)を買う

みたいな感じで、色々なシナリオがあると思います。

ただ、地震に限らず、天災の影響なんて、すぐに株価に織り込まれてしまうし、地震の影響が企業業績にどう影響受けるかなんて、誰もわからないので、思惑で売買するしかない。

だから、地震で儲けるのは難しいんです。

東日本大震災の時に、色々トライしました。

株価が下がりまくったところで、東京電力(9501)を買う
⇒多少は株価は戻したが、震災前の4分の1で低迷していて、ほとんど儲かってない

風評を受けて過剰に下落していた、東北電力(9506)を買う。東京電力の事故だったが、東北電力も大きく下げていた。
⇒多少は儲かっているけど、市場平均はもっと上がっているので、お得な投資だったとは言えない

福島県の企業、常磐興産(9675)を復興期待で買う。スパリゾートハワイアンズ(震災後は一時閉鎖)を運営、エネルギー事業もやっているという点で、震災で一時的に下落しているものの、復興すれば反発も大きいと判断した。
⇒株価は買値の2倍になった。ただし、日経平均はその間に2倍以上になっているから、市場平均に負けている

株価が下落していたが、復興需要で収益は回復すると見越してJR東日本(9020)を買う。
⇒株価は買値の2倍になった(以下、同上)。

結局、震災以降は株価全体が大きく上昇したので、震災復興銘柄を買うよりも、インデックスファンドを買った方が儲かっていたという結論になりますね(笑)。
そもそも、電力株なんて、東日本大震災以降、どこも低迷していて、市場平均をぜんぜん下回ってますからねえ。。。

短期的な投資であろうと、同様だと思いますよ。

「地震で儲けてやれ」みたいな邪心は捨てて、これまで通りのスタンスで臨むのが一番ですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です