株価チャート

ZOZO前澤社長、投稿継続宣言「自慢しまくるので、嫌な人は見ないでね」

前澤社長、飛ばしてますねえ。

服はフリマで全部そろうので、ZOZOタウンでは買い物したことないですが、社長がここまで目立ちまくっていると、ちょっと気になりますね。
ZOZOタウンへの宣伝効果もあるのかもしれませんが、一般庶民は反発するのが一般的でしょうねぇ。

自慢する人って、劣等感があるんだと思うのですが、前澤社長も劣等感は強そうですねえ。。。

さて、ホリエモン、与沢翼、家入一真なんかがそうだと思うんですが、成功者アピール、金持ちアピールが過剰な人って、どこかで大きな失敗をするんですよね。
みんな復活しているので、結構なことだと思います(ただ、与沢翼は偽装している気はしますが)。
でも、慢心すると、大きな失敗をするのは、避けられないことのような気がします。

僕の知っている人も、成功したんですが、その名声を利用してセックスしまくっていたところ、相手の一人からセクハラの告発を受けて、一気に転落してしまいました。

前澤社長も、そろそろ大きな失敗をやらかすんじゃないかなあ・・・という気もします。

この感じって、過去にあったような気がします。
そう、ITバブルの時です。

起業家の成金と、IT株をはじめとして、成長株で大儲けした人がブイブイ言わせていました。
日本社会全体を見ると、別に景気が良い感じもしていなかったですね。
つまり、一部の成功者が成金らしい行動を取って、自己アピールしていた。
その時、一流企業に勤めていて、高給取りの先輩が、「俺は全然勝ち組という気がしない」と言っていました。
一部の成功者を眺めていると、多少恵まれていたところで、勝ち組とは思えないのも良く分かります。

で、ITバブルが崩壊して、成功者の大半は転げ落ちた。
一部の本物は生き残って成功を続けた。

いまは、ITバブルの時みたいな、特定の業界が盛り上っているわけではありません。
ただ、庶民があまり景気が良くない中で、事業や投資で成功した一部の成功者が目立っている状況は良く似ています。

アメリカのことではあるけど、いまの相場は2000年のドットコムバブルに類似しているそうです。

S&P500種、2000年バブル期水準の2倍割高ーPSR中央値が示唆

日本株の動きを見ていても、ちょっと変な気がします。
市場平均は大きく上にも下にも動いていないけど、割安な銘柄が売られ、割高な銘柄が買われているような気がするんですよね。
こういう状態は、どこかで是正されざるを得ないはず。

勘が当たらなきゃよいと思うんですけど、近いうちに、株式相場の大幅な調整があるんじゃないか・・・なんて思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です