お金持ち

『新R25』マネ凸  〜マネー賢者に切り込むお金の話〜という連載があります。

たまに、SNSなんかで話題になっていて、僕自身、それを見てこのコラムを知りました。

有名な起業家やビジネスマンに資産運用の話を聞く・・・という企画です。

ホリエモン、藤田晋、前澤友作等々、錚々たる方々にインタビューしています。

彼らは必ずしも(狭義の)資産運用の専門家ではなく、「何言ってるんだ、この人たちは!?」という驚きがあって面白いですよ。

人によって主張は異なるのですが、「資産運用に心血を注ぐより、好きなことをやって稼いだ方が良い」みたいなことを仰っている傾向があります。
バンバンお金を稼いでいて、これからも稼ぐ能力のある人は、資産運用なんかしなくても問題ないのは、紛れもない事実です。

ただし・・・

昨日の日記(「みんなが好きなことを仕事にする時代」なんて来ないよ)にも書きましたが、成功者の意見を鵜呑みにしちゃいけません。

凡人は凡人らしく振る舞わないと、火傷しちゃいますよ。

前澤社長の「お金は限界まで使え」とか、DMM亀山会長の「若いうちから資産運用なんてありえない」という発言はヤバいですね。
普通の人(凡人)は真似ちゃいけません。

長嶋茂雄のバッティングのアドバイス、「ボールがスッと来たら、バットをカーンって振ればいい」みたいな感じですね。
「それでヒットを打てれば世話ないよ」ってところです。

あるいは、免許を取ろうとして自動車学校に通っている人が、F1レーサーに車の運転の仕方を教わるようなものかと思います。

「ごく一握りの成功者はこういう発想をするんだな」という意味では、勉強にもなるし、面白い。

ただ、お金の管理や資産運用は、彼らの意見を鵜呑みにすることなく、ちゃんとした資産運用の本を読むことをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です