ペッパーフード株主総会02

株主総会で手土産を廃止する企業が増えてますね。

恐るべし「手土産」 廃止した商社の株主総会は閑古鳥

参加者も減ってるようです。
手土産がないと、株主総会に参加しような株主には、別に来てもらわなくても良いんじゃないかと思いますね。

株主総会に自社商品を配布したり、自社商品を会場で体験してもらったりするのは、良いことだと思います。
商品価値が評価されれば、「長期保有しよう」という気持ちも芽生えるし、販売促進効果にも結び付きますからね。

ただ、自社商品とあまり関係ないお土産を配ることには懐疑的ですよ。
株主優待についても、同様の意見です。
乞食みたいな株主にそこまで配慮する必要はないと思いますね。

無職時代は、株主総会に結構出てましたけど、平日開催が多く、そうなると会社員は参加しづらいです。
結果、高齢者や主婦の参加が目立ちます。
差別するわけではないけど、こういう人が、株主として大切にする人達かなあ・・・と思います。

いま、沖縄に住んでますけど、とても株主総会なんて参加できません。
大半の会社は、東京、あるいは大都市圏に集中しているので、株主総会は、大都市居住者が優遇されているとも言えます。

日本の企業にもっと工夫して欲しいのは、プレゼンテーションです。
社長は会社のビジョンをしっかり話して、株主に希望を持たせてほしいと思います。
業績報告にしても、数字がどうだったかというだけでなく、どうしてそういう結果になったのか、今後、何を改善して、業績向上を図るのか?その辺をちゃんとプレゼンして欲しいですね。

株主総会の7割~8割は、無味乾燥すぎて詰まらないんですよね。
そこをお土産で吊って、集客するのは本末転倒だと思いますよ。

株主総会の運営費は会社の経費でやるわけですが、それがちゃんと無駄なく、有効に行われているかどうかというのは、会社のお金の使い方を見る一つの指標になると思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です