金

仮想通貨、ビットステーションなど3社が登録申請取り下げ 廃業へ

やっとのことで、金融庁も本格的に動きはじめた感がありますね。

業界団体も整備していくとか。

仕事をしていて、業界団体の立ち上げに間接的に関わったことがあるんですが、規正や業界団体は健全に業界が発展する上で重要なんですよね。

特に、投資の世界というのは、投資家から大切なお金を預かるものです。
安心してお金を預けられる必要があります。

業界側の論理だけで動いていると、消費者の利益とそう反してしまうんですよね。

会社員時代、不動産投資や先物取引の会社からよく営業の電話がかかってきました。
まあ、鬱陶しかったですねえ。
そのまま言うことを聞いていれば、おそらく、いまの僕はなかったと思います。

仮想通貨に投資することは当分ないと思いますが、本当に消費者、投資家の利益になるように発展して欲しいなあ・・・と思います。

ちなみに、今くらいの資産になってくると、分散投資が重要になってくるので、新しいアセットクラスが誕生してくれるのは、基本的には歓迎したいと思います。

現状で投資対象は下記があります。
・株式
・債券
・不動産(僕の場合REIT)
・コモディティ

コモディティはコストと収益のバランスが良くないので、ほとんど投資してませんが、これとグローバル分散を掛け合わせれば、ある程度のリスクコントロールは可能です。
ただ、多少はリスクがあっても、株式市場との相関性が低い、安定収益が見込める投資対象があればなあ・・・というところです。

残念ながら、健全化したところで、仮想通貨はそれには当てはまらなさそうではありますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です