これから恥ずかしいことをカミングアウトしちゃいます。

実は。

僕は・・・

さわかみファンドのホルダーなんです! (/。\)イヤン!ハズカシイ

そんなわけで、パセフィコ横浜までさわかみファンド運用報告会に行ってきました。
CIMG2681
報告会の報告をする前に、さわかみファンドに投資するに至った経緯を書いておきます。

10年ほど前でしょうか。
毎月積み立てて財形貯蓄を行っていたのですが、そこそこ貯まったし、利回りが低いしで、もう少しリスク資産に積み立てたいなと思っていました。
そこで、当時個人投資家に人気があった、さわかみファンドに毎月1万円ずつ積み立てるようになりました。
現時点で+70%ほどのパフォーマンスとなっています。

僕はさわかみ信者ではなかったのですが、澤上篤人氏の現役時代は講演会に行ったりして、長期投資に関して学ばせてもらっていました。

投資額が少額なので気にしてなかったのですが、知らないうちにさわかみ投信はいろいろと内部ゴタゴタが起こっていました。
極めつけは、優秀なファンドマネージャーが退任し、息子の龍氏が社長に就任したことです。
この龍氏は投資経験もなく、サーフィンに明け暮れていたドラ息子と言われていて、評判が良くなかったみたいです。
(知らない人のことを推測で悪く言いたくないのでこれくらいにしますが)

信者も多いファンドだっただけあって、「裏切られた」と思った投資家も多かったようで、その後解約が相次いだようです。
「絶対に浮気しない」と信じていた真面目な夫が浮気して離婚の危機を迎えた感じですかね。
最初からあまり信じていなければ、これほど失望することもなかったと思うのですが・・・

さらに、インデックスファンドでコストが安いものが多数出るし、直販系ファンドも優れたものが他にも出てきた。
さわかみファンドの優位性はなくなり、続ける理由は全くなくなってしまいました。

以前は「さわかみファンドを買っている」というと、「真面目に資産運用を考えている投資家」というイメージがありました。
でも、いまは真逆のイメージが付いてしまっています。

そんな中で、なぜ僕が積み立てを続けていたかというと、毎月1万円とあまり多額でなかったことと、ゴタゴタがあったとこを知らなかったからなんですね。
でも、リタイアを考え始めて色々調べているうちに、さわかみファンドはどこかのタイミングで解約しようと思うようになりました。
今回の急落で解約のタイミングを逃してしまった感じです。

そんな状況なので、斜に構えた態度で報告会に臨んだ次第です。

さて、会場は結構参加者はたくさん来ていました。
ざっと見て300人くらいでしょうか。
セミナー会場もほぼ満席。

平均年齢は50代半ばで、男性が8割以上という感じ。

若いアクティブな人はすでに逃げてしまっているのかな? とも思ってしまいました。

CIMG2683

前置きが長すぎて中身を書く余裕がなくなっちゃいましたのでまた明日!

オイオイ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください