株価チャート

今日から仕事が始まる人も多いと思います。

僕もそうなんですが・・・
憂鬱というほどではないですが、もうしばらくゆっくり休んでたいなあ、とも思います。

さて、アナリストなんかが2018年の相場展望してますね。
当たらないのですが、参考にはしています。

で、全体的な傾向を見ると、
・基本は強気。特に日本市場は上昇余地があると見ている
・ただし、2018年後半を目途にピークに達するという意見も多い
というところでしょうか。

僕も、「そんなところかなあ」と思います。
ただ、リーマンショック前夜も強気の観測が目立っていたので、恐慌は予測できないものです。
そもそも、恐慌が予測できるのであれば、それを先読みしてソフトランディングできるので、恐慌は発生しないという自己矛盾が生じます。

なお、僕の相場観も、当たらないことを前提に書いておきましょう。
最初から「当たらないこと前提」と言ってますので、発言には責任持てませんので、事前にご了承ください。

・米国市場はそろそろピーク
・日本市場は上昇余地はあるが、米国市場や為替に振り回されるので、何とも言えず。まあ、今年中に上昇相場は終わるかと
・仮想通貨はバブル崩壊するはず。そろそろ限界じゃないだろうか?
・新興国は何とも言えないかな
・為替や債券もわからないのでノーコメント

今年の投資方針ですが、これまで何度も書いている通りです。
・割高になった日本株(個別株)は売却
・先進国、新興国のインデックスファンドを中心に購入
・海外REITや海外債券、国内債券も補完的に購入

日本株は、良い銘柄が見つかれば、多少の金額なら購入してもいいかな?
と思っています。

ただ、株式市場がスリリングな時代は終わりつつあると思っているし、株式投資に時間と労力を取られるのは自分の人生においても有用ではないと思っているので、あまり積極的に相場に関わることはしないつもりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください