書類

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様でした!

本日、ソニー(6758)が暴騰しましたね。
経営難で下げている時に購入していましたが、平均買い付け価格の3倍近くまで上がっています。
スカイマークの損失分を超える金額を1日で取り戻した感じです。

数日前にこんな記事を見つけました。

パナソニックとソニーの明暗を分ける、最も根本的な理由

15年前は全く逆の状況で、どうしてパナソニック(当時は松下電器でしたが)はソニーに勝てないのか?みたいなことが言われていました。
実際、パナソニックに勤務していた人が「俺たちはソニーに勝てないんだよなあ・・・」と言っていました。
長きにわたって成長する企業を見つけるのは、意外に困難です。
長期投資は難しいと改めて思います。
そういう意味では、バフェットはやはりすごいですね。

私は別にソニーファンではないですが、少し前にソニーの音楽プレーヤーを買い、最近スマホをGALAXYからXPERIAに変えました。
いずれの商品も優れていましたよ。
日本のモノづくりの精神、クラフトマンシップを感じさせてくれます。

ソニーの凋落は、ソニー単体のことではなく、日本のビジネス構造に問題があるような気もします。
現代のエレクトロニクスは、ネットワークとコンテンツを無視しては成立しえないと思います。
本来、ソニーは両方に強みを発揮できるはずなのです。
映像しかり、音楽しかり、電子書籍しかりなのですが、既存のコンテンツ業界がパッケージや電波での配信等の既存のビジネスモデルに固執するあまり、コンテンツの柔軟な活用ができず、価格を下げることもできず、消費者利益を提供することができなかったのではないでしょうか?
それで、必ずしも製造技術において優位とは言えなかったアメリカ勢に敗北してしまった・・・

もちろん、それだけがソニー不調の要因だとは言いませんが。
いずれにしても、ソニーの本格復活と、日本のビジネス慣行の刷新を願っている次第です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください