お金

東京株、13日連続で上昇=バブル期以来ほぼ30年ぶり

明日は連騰はストップすると思いますが、13日でも良く上がったものだと思います。
僕の方は、徐々に株を売って、キャッシュを増やしています。

いまから株を買うのは気が引けます。
もちろん、インデックスファンドの買い付けは継続的にやっていく予定ですが。

さて、国債の金利が入ってきました。
4000万円分の国債の金利は9,890円。
税金が引かれて、手取りは7,882円

4000万円預けてもこんなものなんですねえ

僕の小学生の頃は、「1億円あれば、金利だけで生活できる」と言われていました。
当時の郵貯の定期預金の金利が8%くらいあったと言われています。
預金の利息だけで、年収800万円ということになりますから、十分生活できちゃいますね。

いまの時代、8%とは言いません。
せめて、1%あれば良いなあ、と思います。
そうすれば、1億円預ければ、年100万円入ってきます。
残りの1億円を株の配当金でまかなうとします。
配当の多い企業に投資すれば、年間150万円は入ってきます。
合計250万円。
贅沢はできないけど、これだけあれば生活は成り立ちますね。

でも、無リスク資産で年利1%を安定的に確保する金融商品は、残念ながら日本にはありません。
資産総額が2億円超えた今も、株式投資をやめない理由として、無リスク資産の利回りが小さすぎるからというのがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください