不動産投資

昨日のニュースですが、積水ハウスが63億円の詐欺被害にあったというニュースがありました。

積水ハウス、63億円「地面師」被害か 警視庁に情報提供

大手企業がこんなに簡単に詐欺にあっちゃうものなの?

と思ってしまいました。

「地面師」という詐欺があるなんて、はじめて知りました。
要するに、他人の不動産をあたかも自分のモノであるかのように偽って、売却してしまう。

お金を受け取ってドロンされてしまえば、不動産は購入者には手に入らず、お金だけが「地面師」の手元へ。
よほど巧妙な手口でやったんだと思います。

詐欺師っていうのは、人の欲望に群がってくるものなので、不動産に関しては多くの人が欲しがって欲望の渦巻く世界ってことなんですね。
報道を見ていると、バブル期に多発した手口のようですね。
「東京五輪を控えた都心の不動産価格高騰を背景に、近年は再び被害が増え」とあります。

大手企業まで詐欺にあってしまうというのは、相場がだいぶ加熱してるってことかもしれないなあ・・・なんて思います。
次の不況が来るとすると、不動産が引き金になるかもしれないですね。
リーマンショックの時のように。

不動産投資は今のところする気はないんですけど、まわりの友人で結構やっていて、成功していて羽振りが良い人も多いです。

僕自身は不動産投資はする気はない(良く分からないから)のですが、人が争って買っているモノに手を出してはならないっていうのが、投資の鉄則であることには変わりないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください