株価チャート

米政権運営の不透明感が強まり、米国株は下落、円高が進みました。
連動して、日本株も下落。

「日経平均2万円は通過点に過ぎない」みたいなニュースも出はじめてた最中です・・・
個人的には、米政権関連のリスクは、短期的には不安はあるけど、さほど気にする必要はないと思っています。
リーマンショックのような、社会経済に内在するリスクでなければ、致命的な下落はないと思っています。

といいつつ、日経平均が2万円を破るか破らないかくらいのタイミングで、持ち株を80万円分ほど売りました。

定期的な買い付けも、グローバルREITインデックスファンドくらいしか買ってなかったんですよね。
毎月の買い付け額の半分もまだ買ってない状況です。
なので、これをチャンスとして、ファンドの買い付けを少しずつ進めています。

大した金額を売買していたわけではないですけど、短期的に見れば、良いタイミングだったと思います。
まあ、タイミングが読めたわけではなく、自分のルールに従って投資していたら、たまたま良いタイミングに遭遇したということですがね。

個人的には、手元資金が増えてきているし、年金の支払い免除を受けているため、確定拠出年金も凍結状態なので、市場は下落してもらった方がよいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です