株価ボード

株価がパッとしませんねえ。

現状では、日本株を売って海外株やグローバルREITに資金をシフトさせる、というのが僕のここ数年の方針なので、海外株も落ちてきているのは、好ましいとも言えます。

で、下落相場にナンピン(難平)買いをするのは、投資戦略上よろしくないと言われています。
実際、僕も買い下がった後で、さらに底に落ちていくのを何度も見てきました。

買い急いで、さらなる下落に直面する・・・というのは、相場に身を置いて20年近く経ってもやってしまいます。

ただ、ナンピン買いは必ずしも否定はできないと思うんですよ。
元々、割安だと判断して買っていて、ファンダメンタルが変わらず、相場環境の悪さだけで下落しているなら、リスクの許容範囲内で買い増すのは悪くないと思っています。

一方で、トランプ大統領就任で、日本相場が急落しているタイミングは、つい見送ってしまったんですよね。
翌日大幅反発するとは、とても読めなかった。

やっぱり、タイミングを見計らった投資をしても、読めないし、儲かりませんね。

ちなみに、僕は今のタイミングで、海外株のインデックスファンド、TOPIX連動のインデックスファンド、バランスファンド(iFree8資産)をちょっとずつ買い増しています。
インデックス投資は、下落時に買いましても、リスクが相対的に低いのが良いですねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です