株価ボード

今年に入ってから3カ月以上が経ちますけど、株式相場が微妙ですねえ。
ちょっと上がってはダラダラ下がり・・・みたいなことを繰り返している感じ。

特に、ここ最近は、ダラダラと下がる要素が強くなってきています。
トランプ相場のメッキが剝がれてきた感がありますが、米国本国よりも日本の方が煽りを受けているのは、いつものこととは言え、情けないというか、何というか・・・

で、僕の方はというと、積極的に売りも買いもしていませんが、毎月の買い付け範囲内で、早めに買い出動している感じです。
多少日本株に配分したり、通常よりも購入金額を増やしたり(リスクの許容範囲内で)、といった微調整はしていますけどね。

20年近くも株式投資をしていると、こういうダラダラした、面白みのない相場をじっとやり過ごすことが重要であることが身に染みています。
こういう相場環境で、下手に大きく動くと、後から来るチャンスを失ったり、余計なリスクを取ってしまったりしてしまうんですよね。

相場が大きく動いたときにどういう行動を取るのか?

というのはもちろん大切です。
でも、相場が膠着している時に何をするのか?(あるいは何もしないのか)というのも同じくらいに重要です。

大切なデートの際に、事前リサーチしたり、美容院に行ったり、香水付けたり、勝負パンツを履いたりするのも大切だけど、普段からダイエットしたり、肌のお手入れを欠かさなかったりするのも大切だってことと同じことです。
ちょっと違うかもしれませんが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です