不動産投資

僕のリタイア祝いで(!?)久々に大学時代の同級生と飲みました。

会社を辞めたあと、友達や同僚と飲むと、仕事以外に関する会話が増えて、彼らの違った側面が見えてきます。

参加していた同級生の一人は、大手の日系メーカー勤務で、既婚で二人の子持ちです。
彼の新たな事実が明らかになったんですが、なんと、不動産を15戸(!)も保有しているんだそうです。

不動産投資をしている人は何人か知ってますけど、戸数は多くても片手で数えられるくらいです。
15戸とは、ビックリしました。
しかも、地方の廃墟寸前の激安物件とかではなく、大阪と東京のワンルームです。
かなり借金してレバレッジかけてるんだろうな・・・と思ったら、借り入れは全体の4割程度で、6割は自己資金で対応しているそうです。

今年、勤務先の早期退職の対象年齢になるので、セミリタイアを考えている・・・とのこと。
お金以外の理由としては

  • 年齢を重ねるにつれ、仕事が現場から遠ざかって詰まらなくなっている
  • 上司と部下の間に挟まれて、気疲れすることが多い

実行するとなると、僕と違って、既婚で2人子供がいて、しかもまだ子供が自立していない段階でのリタイアとなります。

まあ、15戸持っていれば、毎月100万円以上のキャッシュインがあるはずです。
半分をローン返済や修繕積立に充てても、年収600万円は確保できます。
子供二人いても、リタイアは可能かと思いますね。

彼の場合は、

  • 日系のメーカーと言っても、大手で、その中でも給料は良い方
  • 若手時代は激しく残業していたが、残業手当もほぼ全額支給されていた
  • 入社以降、社宅で生活している(結婚後も、現在まで借り上げ社宅)
  • 10年以上も前に数年間中国に赴任していた。赴任手当が出た上に、当時は物価が激安で、その間お金が十分に溜まった
  • 学生時代からずっと贅沢はしてこなかった
  • 夫婦共働きを続けている(奥さんは一時的に産休取ったくらい)
  • 子供は二人とも公立に通わせている

そりゃ、お金も貯まりますわな。

十分な原資を作って、そこから不動産投資をしたんですよね。
15戸も持っていると聞くと、「リスクを取るギャンブラー」みたいに思えますけど、生活面だけでなく、投資面でも至って堅実なようです。

  • 相場環境をウォッチして安い時期に投資をする
  • その中でも割安物件を探す
  • 自分が住んでいたことのある、東京と大阪に特化する
  • 空室リスクが少なく、流動性の高いワンルームに絞る

数を多く知っているわけではありませんが、株式、不動産を問わず、長期的に成功している人は、みんな彼みたいなタイプですね。

  • それなりの収入源を持っている
  • 無駄遣いはせず、堅実
  • 借金はしないか、しても適正範囲に留める
  • 「簡単に楽して儲かる」みたいな情報には飛びつかない
  • 自分の得意分野以外のところに大金を投入しない
  • 得意分野に関しては、常に心を開いて、アンテナを張っている

これ、当たり前のように見えて、意外にできている人は少ない(というかほとんどいない)んですよね。

だから、実行できれば成功する可能性がとても高いということになりますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください