労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

やっと仕事が落ち着いて、人間らしい生活が送れるようになりました。
でも、過剰に働く動物なんて人間くらいなので、過労状態の方が「人間らしい」と言えるかもしれませんね・・・

それはさておき。
日経平均が一時600円安だったにもかかわらず、+117.9円で引けってすごいですね。

中国が早くも反転した効果なんでしょうが・・・
でも、本当に中国は大丈夫なんでしょうか?

急落する中国株式市場、奇妙な5つの特徴

しかし「ファンドマネジャーが自分のファンドを買わされている」って本当なんでしょうか?
まあ、自信があれば買っても良いんでしょうけど。

「日本よりも中国方が資本主義的だ」「日本は世界で最も成功した社会主義国」なんて言われ方することも多いですが、中国を見ていると、経済システム的には日本の方がよほど成熟しているように見えます。

さて、私の方は海外インデックスファンドをコツコツ買っています。
と言っても、相変わらず少額単位ですが・・・

2年後のリタイアまでに1000万円を海外ファンドに移す計画ですが、今後も株価が低迷すれば、意外に早く達成できるかも。

今回の急落はポジティブにとらえたいところですね。

そもそも会社を辞めなければ、株価が半分になろうが、3分の1になろうが、日常生活は全く影響受けません。
給料の半分(以下)で生活してますからねえ。

むしろお金がない方が「まじめに働かなきゃ」という気になるかもしれません。
不本意ではありますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください