昨日の続きです。

早期退職者向けのライフプランセミナーに行ってきた

そうそう。
書き忘れていたことがあるのですが、セミナーでは、「NISA口座を有効活用しましょう」という話は出たのですが、確定拠出年金の話は出ませんでした。
NiSAは金融機関にとってメリットあるけど、確定拠出年金は競合してしまうってことでしょうかね・・・
でも、お得度や使い買ってからすると、確定拠出年金の方がメリット大きいんですけどね。

さて、後日、金融機関の担当者の方が、シミュレーション結果を持ってきてくれました。
ピント外れの営業されても困るので、僕の方からリタイア後の資産運用について先に話しました。

これに関しては、何もおっしゃらず。。。

担当者の方は、社債、国債ファンド、米国のハイイールド債を紹介してくれました。
おそらく、株式ファンドを紹介しても相手にしないことがわかってたんじゃないかな。

僕としても、無リスク資産をどうするか、考えていたところなんですよね。
国債を買うつもりでいましたが、国債の利回りに甘んじるのはどうかな・・・というのもありました。

多少であればリスクをとっても良いとは思うんですが、株式と同じ値動きする商品は嫌なんですよね。
いま存在するものでは、どうしても債券になってしまいます。

「外債については、ポートフォリオに組み込むのが適正なのか、為替ヘッジはすべきなのか、正直よくわからないと本音を伝えたところ、「どちらがいいとは言えませんね。ご自身が納得されるやり方でやられればいいんじゃないですか?」と曖昧な答え。

保険会社が提案してきた個人年金よりはしっくりきましたが、紹介された商品を買うかどうかは、正直なんとも言えませんねぇ。

一応、退職後の連絡先は伝えたのですが、今のところ連絡は来てません。
あまり良いお客さんではないと判断されたんでしょうか(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください