SBI証券 DC

2週間ほど前の話になってしまいますが、会社と提携している金融機関が主催する、早期退職者向けのライフプランセミナーに行ってきました。
・・・・他のネタがたくさんあったので、報告が後回しになってしまった。

さて、早期退職者ってまとまった金(普通の退職金+積み増し金)が一気に入ってくるので、金融機関にとっては狙い目なんでしょうねえ(笑)。
参考になりそうな情報はいただきつつ、あまり利益がない商品を営業されても断るというスタンスで臨みました。

セミナーの内容は、退職後のお金の話。
ライフプランンをしっかり考えましょうという話のほか、失業保険とか、健康保険とか、国民年金とか、その辺のレクチャーでした。
でも、僕の場合、本やネットで調べていたし、税理士や社労士の話を事前に聞いたりしていたので、特に新しい情報や有用な知識はなかったですね。
いきなり退職することになった人にとっては、有用だったとは思います。

その後、タブレット端末を使ってのシミュレーション。
これ、以前、金融機関所属のファイナンシャルプランナーにやってもらったのとほぼ同じです。

ファイナンシャルプランナーに相談してみた① ~資産シミュレーション編~

ただ、ソフトは違っているし、入力項目も微妙に違います。
40代半ばでリタイアして、年収100万円という条件でシミュレーション。
年金は、会社と提携しているため、事前に金融機関の方で設定してくれています。
僕の場合、家族もローンもないので、いたってシンプルです。

年収と現在の金融資産をスライダーを動かして設定するのですが・・・
スライダーでは年収の上限が2000万円。
金融資産の上限が5000万円となっています。
年収は収まるけど、金融資産が全然収まらない!(笑)
そんなわけで、手入力で対応しました。

世の中一般の上限ってこういう感覚なんだなあ・・・とあらためて実感(笑)
資産運用ブログ見ていると、5000万円以上の資産持ってる人なんてざらにいますが・・・

シミュレーションの結果、88歳で資産がゼロになると出ました。
生活費を多めに入力していたので、妥当なシミュレーションかと思います。

ちなみに、インフレ率や資産からの運用益は考慮していません。
これらを変数にする設定があるんですが、インフレ率を1%にする、あるいは運用益を1%とするだけで、大きく結果は変わります。
長期で福利効果が効いてくると、良い方向にも悪い方向にも恐ろしいことが起きるんですね。

で、そのシミュレーションの結果は、後日、担当者が個別に持参してくれるとのこと。
要するに、セミナーやシミュレーションは営業ツールなんですよね。

「ほら、あなた何もしないと、お金が足りなくなってしまいますよ。だから資産をうまく活用しましょう。あなたに合ったマネープランは・・・」みたいな。
僕の場合は、資産運用しなくても大丈夫そうだし、資産運用はすでにやってます。
話を聞いておいて損はないので、、一応金融機関のアポは取りました。
金融業界の人がどういう営業トークで、どういう商品を勧めてくるかには興味があったので(笑)。

これについては、また書きましょう。

それにしても、われながら意地の悪い書き方ですねえ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください